フラット35の審査に必要な年収の基準はどれぐらい?

フラット35の審査に必要な年収の基準はどれぐらい?

住宅ローンの審査で気になるのが「年収」の問題。「審査に通りやすい年収の基準は?」など、マイホームの購入を検討している人なら一度は考えたことがありますよね。

また、「年収によって住宅ローンの限度額は違うのだろうか?」など、いろいろ疑問に思うでしょう。ずばり結論を言うと、住宅ローンの限度額は年収によって変わります。

そこで今回は、フラット35が設定している「年収の基準」を参考にしながら、融資の限度額についてポイントをチェックしてみたいと思います。

フラット35と年収の問題

フラット35を利用するにあたり、年収の最低ラインは制限されていません。つまり、「いくら以上の年収がないと融資できない」という基準はないのです。

住宅ローンで年収が審査の基準になるのは、「収入に見合った返済額」を決めるためです。毎月の返済額を考えて、そこから融資の限度額を金融機関は決定します。

たとえば、年収120万円(月収10万円)の人に3,000万円を融資しても、毎月9万円を返済していくのは難しい話。この条件では3,000万円の融資は不可能と判断するわけです。

さらに、住宅ローンは長期の返済(フラット35は最長で35年まで)になるため、継続的に返済していけるのか=安定した収入があるのか、という点も審査の基準になります。

フラット35の審査に必要な年収の基準はどれぐらい?

どれくらいの年収が必要?

フラット35で定められている融資の限度額は、「年収400万円未満は30%」「年収400万円以上は35%」です。この基準を「返済負担率」と言います。

フラット35の審査に必要な年収の基準はどれぐらい?
  • 年収400万円未満の返済負担率は30%
  • 年収400万円以上の返済負担率は35%

まず、融資する側としては「返済可能な金額」が「融資の限度額」という考え方です。フラット35の、審査では年収をもとに30%と35%の返済負担から融資の限度額を決定します。

たとえば、年収500万円の人(金利1.2%・返済期間35年・ボーナス払いなし)がフラット35で融資を受ける場合、返済負担率を基準にした限度額の目安は5,000万円となります。

・年収500万円×返済負担率35%=1,750,000円が1年間で返済可能な金額

・175万円×返済期間35年=61,250,000円

では、61,250,000円を借りられるかといえば、そうではありません。

この場合、金利(利息)を含めて61,250,000円なので、そこから金利を差し引いた金額が融資の限度額(借入可能な元本)になります。

・61,250,000円のうち、11,250,000円は金利分(年1.2%)

・61,250,000円-金利11,250,000円=5,000万円が元本

・融資が可能な住宅ローンの元本は5,000万円となる

・金利を含め毎月の返済額は145,800円

・145,800円×12ヶ月=175万円(年収500万円に対して返済負担率35%になる)

以上が、フラット35で融資を受けるときに限度額の目安になる年収の基準です。

<年収別の限度額の目安(フラット35)金利1.2%・返済期間35年で仮定>

  • 年収300万円(基準30%)・・・元本2,600万円が限度額の目安

(金利を含めた返済総額は3,200万円、年間の返済額は91万円)

  • 年収400万円(基準35%)・・・元本4,000万円が限度額の目安

(金利を含めた返済総額は4,900万円、毎月の返済額は140万円)

  • 年収500万円(基準35%)・・・元本5,000万円が限度額の目安

(金利を含めた返済総額は6,125万円、毎月の返済額は175万円)

  • 年収600万円(基準35%)・・・元本6,000万円が限度額の目安

(金利を含めた返済総額は7,350万円、毎月の返済額は210万円)

フラット35の審査に必要な年収の基準はどれぐらい?

重要なポイントは「返済が可能か?」ということ

フラット35の基準「30%」と「35%」についてチェックしましたが、あくまでも年収は融資の限度額を決めるうえでの一つの目安です。

年収500万円の人が、必ずしも5,000万円の融資を受けられるというわけではありません。重要なポイントは、「継続的に返済していけるか?」ということです。

フラット35で5,000万円の住宅ローンを組んで毎月146,000円を返済していくとなれば、返済のほかにも生活費や学費など様々な問題を考慮しなければならないでしょう。

つまり、「毎月の返済額+生活に必要なお金」を考えたうえで、返済可能な金額を現実的に把握することが大切なのです。返済可能な金額=融資の限度額と考えてよいでしょう。

その基準が、フラット35では年収に対して「30%」と「35%」という割合になります。また、年収だけが審査の対象ではありません。

住宅ローンの審査では、「安定した収入がある=継続的に返済が可能」という点も一つの条件になりますので、これらも忘れずに理解しておきたいところですね。

フラット35の審査に必要な年収の基準はどれぐらい?

無理のない返済計画を!

住宅ローンは大きなお金が動く取引です。フラット35でマイホームの購入を検討している人も多いと思います。フラット35は最長で返済期限が35年。

毎月の返済を35年続けていけるのか、まずは冷静に考えましょう。「継続的に返済が可能な金額」を把握し、そのうえで「マイホームの予算」を決めるのが理想的な判断です。

マンションにするか一戸建てにするか、または住み替えや売却のことも見据えながら物件探しをすると「将来的な資産価値もカバーできる」のではないでしょうか。

マイホームの購入は人生で大きな買い物になります。無理のない返済計画を立てて、フラット35を賢く上手に活用したいですね。