お金がない??お金に困った時はどうすれば良い??

お金がない??お金に困った時はどうすれば良い??

お金がなくて困った!何から対処すれば良いのでしょう。日々の生活費や支払いなどでお金が足りない!といった状況を経験したことがある方もいらっしゃるでしょう。単にお金がなくて困った!という状況でも「明日の食費もない」といった切羽詰まった状況から「結婚資金を貯めたいけど収入が少なくてお金が足りない」というような長期的なものまで様々な状況があります。今回はすぐにお金が必要な場合の対処法をご紹介します。

1.すぐにお金が必要!!!

すぐに手元にお金が欲しい!長期的な場合ではなく、今ある生活のためのお金が足りずに困っていませんか?

いくつかの対処法をご紹介するので実践してみましょう。

(1)不要物を売却

お金がない??お金に困った時はどうすれば良い??

家にある物で使用していないものを売って現金を手に入れましょう。ブランド品や貴金属、本やDVDなど売れるものが家に眠っていませんか?リサイクルショップなどに買い取ってもらうことですぐに現金を手に入れることが可能です。最近では使用していないパソコンの部品やメモリーカードまで、売れるものは沢山あるので探してみましょう。

売れるものは全部売ってしまった・・・という場合には友人からいらない本をもらい売却することで現金化することができます。

リサイクルショップなどに持参して買い取ってもらう場合、すぐに現金を手に入れることができますが、高価買取りをしてくれない場合があるので注意が必要です。

お金がない??お金に困った時はどうすれば良い??

ネットオークションで売る場合、すぐに現金を手にすることが出来ない可能性がありますが、レア物の本やゲームなどがリサイクルショップより高い値段で売れることがあるので「今日、今すぐ現金が欲しい!」という場合でない限りはネットオークションでの売却がオススメです。

(2)人に借りる

自分ではどうしようもない場合には人からお金を借りることも選択肢の一つです。親しい友人や親や兄弟に頼んでお金を貸してもらいましょう。

お金を貸してほしいと頼むことは気が引けるかもしれませんが、家族や大切な友人に勇気を出して話してみましょう。相手を選ばず誰にでも話すと「あの人そんなに困っているの?」「誰にでもお金を無心するような人なのかな」と信用を失ってしまう可能性があるので、出来る限り近くの親しい友人や家族に相談することが大切です。

お金がない??お金に困った時はどうすれば良い??

また、友人や家族だからと言って返済期限などを決めずに借りることはオススメできません。利率や返済期限を決めて、書面を交わしておきましょう。

借りる金額や返済の期限は、自分がこれから返済することができる金額を考えてから決めます。返済することができなければあなたの信用はなくなり、友人を失ってしまうかもしれません。「金の切れ目が縁の切れ目」です。返済の見通しがつく場合だけこの方法を使いましょう。

お金がない??お金に困った時はどうすれば良い??

(3)業者から借りる

友人や親には相談できない方は業者に相談しお金をかりましょう。

お金を貸してくれる業者にはいくつか種類があり、利用しやすい方法から取り組みます。以下の順番がオススメです。

 

お金がない??お金に困った時はどうすれば良い??

まずはご自身が加入している保険を確認しましょう。終身保険のような積立式の保険に入っている場合、解約返戻金の範囲内で低金利での貸付をしてくれます。

【積立式保険の貸付制度についてはコチラ:積立式保険の契約者貸付ってなに?生命保険でお金を借りよう】記事作成中

保険の貸付が利用できない場合には銀行融資、次にノンバンクからの融資、というような順番で利用できるか検討しましょう。

また消費者金融を利用する場合、誤ってヤミ金からお金をかりないように気を付けましょう。

【参考リンク:お金がない時どこで借りる?お金を借りる方法を紹介

複数の会社からの借入がある場合、借入を一本化することで返済期間を長期化し月々の返済額を減らすことが可能です。社会福祉協議会の融資を利用する場合、市役所へ相談に行き、審査を経てからの貸付になるのでその日に現金を手にすることはできません。

2.お金がない原因を考えよう

お金がない??お金に困った時はどうすれば良い??

お金がなくて困っている場合の対処法には様々な方法があります。しかしお金がない原因を見つけ、改善しない限りお金がない状況から脱することはできません。今日すぐにお金がほしい場合の緊急の対処法を行うと同時に、今後お金がない状況にならないために長期的な資金調達について考えておきましょう。

まとめ

今回はお金が無くて困っている場合の緊急の対処法についてご紹介しました。生活資金が足りない場合や結婚式などでの急な出費、お金がない原因は様々でしょう。しかし、その都度借金をしたり友人からお金を借りたりしていると、お金がない状況の根本的な改善にはなりません。消費者金融で借金をするなど緊急の対処法の他に、来年、再来年のことを見据えて資金計画を立てることが大切です。