親や友人からお金を借りる時にはこう言おう!お金を借りる上手な理由とは?

親や友人からお金を借りる時にはこう言おう!お金を借りる上手な理由とは?
親や友人からお金を借りる時にはこう言おう!お金を借りる上手な理由とは?

急な出費でお金が必要!親や有人からお金を借りたい時、あなたはどのような理由を述べますか?

いくら親や仲の良い友人であっても、信用してもらえなければお金を貸してくれないでしょう。お金が必要な理由を正直に話すべきなのか、適した言い訳を話すべきなのか・・・今回は親や友人からお金を借りる時に有効な理由をいくつかご紹介します。

1.使用しやすい!?お金を借りる時の言い訳4選

「お金を借りる時の言い訳」というと聞き覚えはよくありませんが、お金を借りる時に利用しやすい理由をいくつかご紹介します。

(1)冠婚葬祭が重なった!

親や友人からお金を借りる時にはこう言おう!お金を借りる上手な理由とは?

20代半ばを過ぎると友人の結婚式や親せきの葬儀など、様々な冠婚葬祭に出席する機会が増えるでしょう。

しかし冠婚葬祭にはご祝儀やご霊前など出費はつきものです。

もし1月に3回の結婚式に出席する場合、1回のご祝儀が3万円であるとすると1ヶ月で9万円ものご祝儀が必要になります。

冠婚葬祭が重なりお金が足りなくなったと話せば、親や友人も納得してくれるでしょう。

また、冠婚葬祭の費用に関しては消費者金融などの金融機関も融資をしてくれる可能性が高くなるでしょう。

(2)家電・携帯・車が壊れた!

親や友人からお金を借りる時にはこう言おう!お金を借りる上手な理由とは?

生活に必要な家電や携帯・車が故障した場合、修理費用や買い替えの場合にまとまった費用が必要な場合があります。特に車が故障してしまった場合、毎日車で通勤している人や仕事で車を使用する人はすぐに修理する必要があるでしょう。

理由をきちんと説明することで親や友人からお金を借りることができるかもしれません。

(3)資格取得の費用!

親や友人からお金を借りる時にはこう言おう!お金を借りる上手な理由とは?

学生の就職活動や、新社会人の方の中には資格取得のためにお金が必要な方もいらっしゃるでしょう。専門的な資格取得を目指す場合、参考書の購入や予備校へ通うためにまとまったお金が必要かもしれません。

学生であればご両親が出してくれる可能性があるので、相談してみましょう。

(4)携帯代が高額で払えない!

携帯を使用しすぎて今月の携帯代が支払えない。と伝えましょう。

携帯代であれば何十万もの金額になることがあまりないため、2~3万であれば・・・と貸してくれるかもしれません。

2.親や友人からお金を借りる時の注意点とは?

親や友人からお金を借りる場合には、これからご紹介する3つの注意点を守りましょう。

お金を借りる場合には、相手が親や友人であっても信用・納得してもらう必要があります。

(1)借用書を書く!

親や友人からお金を借りる時にはこう言おう!お金を借りる上手な理由とは?

お金を貸す相手を安心させるために有効な手段の一つが借用書を作成することです。

借りた金額や・貸し手の名前・返済期限などを明記した借用書を作成し、誠意を見せましょう。借用書はパソコン、手書きのどちらでも作成可能で、金額はあとから書き換えられないように漢数字で記入しましょう。

(2)返済期限を守ろう!

親や友人からお金を借りる時にはこう言おう!お金を借りる上手な理由とは?

お金を借りた場合には返済期限を設定し、きちんと返済日を守ってお金を返しましょう。

お金を貸した側にとって一番不安なのが「いつ返済してくれるのか」ということ。

大きな金額を借りた場合には、何回かに分けて返済することもあるでしょう。毎月何日に何回に分けて返済します、と明確に伝え、期限を守ることで相手を安心させることができます。

(3)利息を支払い、感謝の気持ちを伝えましょう。

親や友人からお金を借りる時にはこう言おう!お金を借りる上手な理由とは?

金融機関や消費者金融と違い、親や友人からお金を借りる時には利息の支払は必要ありません。しかし、利息の支払いを約束することで誠意を表すことができ、相手を安心することができます。

作成した借用書に利息についても明記しましょう。

また、お金を借りるときにも返す時にもお礼をきちんと述べて感謝の気持ちを伝えましょう。

まとめ

毎日の生活でお金が足りなくなった場合、親や友人からお金を借りる場合もあるでしょう。

しかし前提として、親や友人からお金を借りることは今後のあなたの人間関係に関わるということを覚えておきましょう。

注意点を守り、相手が納得できるお金が必要な理由を述べ、返済の意思をきちんと伝えることが必要です。

親や友人に断られてしまった場合には消費者金融やカードローンの利用も視野に入れましょう。