日本政策金融公庫の審査で「見せ金」は通用しない?

日本政策金融公庫の審査で「見せ金」は通用しない?

見せ金でも容易に融資が受けられると考えている方も多いのではないでしょうか?

見せ金で融資を受けることは可能なのでしょうか?

融資の専門家が日本政策金融公庫での審査で見せ金が通用するのか否かをご説明していきます。

1.見せ金を自己資金としてお金を借りることはできるの?

日本政策金融公庫では、自己資金がしっかりあるかどうかで融資を受けられるかどうかが決まります。

自己資金の金額が多ければ融資を受けられる金額が増加することがあるため、少しでも自己資金を多く見せるために「見せ金」と呼ばれる方法を検討している方もおられるかもしれません。見せ金で融資を通すことはほんとうにできるのでしょうか。

見せ金の典型的なケースとは?

例えば、これまで銀行通帳残高がほぼ0円だったのにもかかわらず、いきなり200万円がお金が入金されている履歴があったとします。

通帳の残高だけを見れば自己資金が200万円あるように見えますが、通帳の入出金履歴を見ればこの方がこれまでどのような形で自己資金を貯めてきたのか融資担当者にもすぐわかってしまいます。

日本政策金融公庫では見せ金についてはかなり慎重に判断しますし、どんなときに見せ金である可能性が高いのかの事例についてもデータを持っています。基本的に見せ金を利用して融資を受けるのは難しいと考えておくべきでしょう。

2.見せ金かどうかの判断が分かれるケース

例えば、通帳にもともと200万円程度のお金がたまっている人がいたとします。

その人が日頃の「500円玉貯金」でさらに現金で200万円を貯めたとします。この200万円を銀行口座に一度に入金した場合には、見せ金であるのか自分で貯めたお金であるのかは融資担当者も判断に迷うかもしれません。

毎月の収入の金額や貯金に要した期間などをかんがみて自己資金として認められるケースももしかしたらあるかもしれません。

しかし、自己資金であるということをよりアピールするためには、通帳に毎月定期的にお金を貯めていくのが良いでしょう。

500円玉貯金をするにしても定期的に銀行口座に入金していくのが良いでしょう。

もともと口座残高がほぼゼロだった人が「500円玉貯金でお金を貯めたんです!」ということをアピールしたとしてもそのお金は見せ金と判断されてしまう可能性が高いということを覚えておきましょう!

500円玉貯金をするぐらいの人なら、銀行口座にお金も入れておくものだろうと判断される可能性が高いためです。

【ポイント】

本当に500円玉貯金をしたのか、一時的にお金を他人から借りた見せ金なのかを正確に判定することは誰もできません。

本当に500円玉貯金を頑張って貯めていたとしても自己資金として見られないこともあります。

3.自己資金はどのように貯めるのが高評価?

自己資金は、毎月コツコツ貯めていくのが評価が高いと言えます。例えば、3年後の開業に向けて180万円を貯めようという計画があるのであれば、毎月5万円ずつ36ヶ月継続して貯めていくのが評価の高い自己資金の貯め方です。

銀行には定期積金という貯金するための仕組みがありますので、計画的に貯めたいという方には、定期積金をオススメします。

定期積金を利用して、1年以上計画的に貯金をした方であれば99%融資を受けられます。

4.自己資金の金額と融資額の関係

これまでは、日本政策金融公庫では自己資金の額の2倍までしか融資を受けられないというルールがありました。

現在はこのルールが変更され、最大で自己資金の9倍まで融資を受けられるようになっています。ただし、実際の融資審査では2倍〜5倍程度の金額になるのが実情です。

5.日本政策金融公庫の面談では、最低半年分の通帳をチェックされます。

面談では、必ず通帳半年分チェックされます。つまり、半年前からお金がある状態でなければ自己資金として認められにくいということを覚えておきましょう。

まとめ

見せ金で融資を受けられることもありますが、基本的には見せ金のみで融資を受けることは難しいです。

融資を受けようとお考えであれば、毎月少しずつ貯金することをオススメします。