子供の養育費!公立高校と私立高校、どれくらい違うの?

子供の養育費!公立高校と私立高校、どれくらい違うの?

お子様がいる家庭で頭を悩ませる問題の一つに「教育費」があります。

実際に、私立高校に進学した場合、公立高校と比較すると教育費は約3倍とも言われていることをご存知でしたか?

現在受験生がいる家庭では、公立高校に行くのか、私立高校にいくのか、切っても切り離せない問題でしょう。

あらかじめどれくらいの費用がかかるのか知って、きちんと進学のための資金を準備しておうことをオススメします。

1.公立高校の学費は約120万円?

公立高校に入学した場合、3年間で必要になる学費は約120万円と言われています。

項目別に見ると

  • 【受験料】2,200円
  • 【入学金】5,650円
  • 【教育費】69.3万円
  • 【その他】46.7万円
  • 【合計】116.8万円

以上のような費用があります。

公立高校でも意外と費用が必要になることがお分かりいただけたでしょうか。

学校の他にも学習塾へ通ったり、学習道具を購入したり、費用がかかることは沢山あるのです。

高校進学を控えるお子様がいる場合は、あらかじめ予算を多めに用意しておきましょう。

2.私立高校の学費は効率高校の約3倍!?

私立高校に入学した場合、3年間で必要になるお金は約320万円です。

公立高校の場合と比較して約3倍のお金がかかることになります。

項目別の内訳は

  • 【受験料】1~3万円
  • 【入学金】15~25万円
  • 【教育費】220万円
  • 【その他】74万円
  • 【合計】310~322万円

となっています。公立高校と比較して教育費や入学金にかかる費用が多くなっています。

あくまでも大まかな平均で320万円です。入学時の制服や予備校に通う費用も個々で変わってくるでしょう。お子様が私立の高校に進学しても、教育費や学費を払うことが出来るか心配になっていませんか?

しかし、お子様の進学をむやみに制限してしまいたくないと考えるのが親というものです。

志望校が私立であるならば、出来ることなら志望校に通わせてあげたいですよね。

現在では、年収の制限付きで学費や入学金の控除を受けることが出来る制度や、各種奨学金教育ローンなど、様々な制度を利用することが可能です。

もちろん、ご自身で出来る限りの学費を貯めておくことも大切ですが、利用出来る場合は制度を利用するのも一つの手です。

3.奨学金を申請して学費に充てよう

地方自治体や各種団体、高校が実施している奨学金制度がないか調べておきましょう。

まず、返済する必要がない給付型の奨学金を探してみましょう。

奨学金には利用要件が定められていることがほとんどです。

要件に合わず利用出来ない場合もあるでしょう。

特に、世帯年収の制限があることが多いため、申込要件をよく確認し、各団体の窓口で申込をする場合は世帯の収入が分かる書類を持参しておくと便利でしょう。

4.東京都の助成と貸付を利用しよう!

公益財団法人 東京都私学財団では、私立高校向けの「変換不要の助成」「変換の必要がある貸付」の制度を実施しています。

変換の必要がない助成であるいくつかの制度を利用する場合、世帯年収の金額によって助成される金額が変化します。

年収が約250~760万円の場合、国の支援金と東京都の助成金を併せて442,000円の補助を受けることが出来ます。

また、「返済する必要がある貸付」では【育英資金】【入学支度金】があり、それぞれ申込をすることで、私立高校への進学に必要な資金の一部を貸してもらうことが出来ます。

東京都だけでなく、各都道府県にも同様の助成制度や貸付制度があるので、お住まいの自治体に問合せて確認しておきましょう。

また、申込に貼期限があることがあるので、出来るだけ早めに問い合わせをしておくことをオススメします。

5.国の教育ローンを利用しよう

政府が運営している公的な金融機関である日本政策金融公庫では、最高350万円までの資金を低金利で貸し付けてくれる【国の教育ローン】制度を実施しています。

高校だけでなく、専門学校や大学の進学時にも利用出来ます

一度窓口に相談してみることをオススメします。

6.なんといってもコツコツ貯金!

子供の養育費は思ったよりも必要になるものです。

まして私立高校にかよわせた場合、公立高校に通うための学費の3倍程の学費がかかります。

補助金や奨学金、日本政策金融公庫の教育ローンを上手に利用することで、お子さまの教育費を賄うことも可能です。しかし、出来るだけ教育費として計画的に貯蓄をしておくことが大前提です。