ネットバンキングしか持っていないと公庫の融資が受けられないのは本当か?

ネットバンキングしか持っていないと公庫の融資が受けられないのは本当か?

近年、ネットバンキングしか保有していないという方もいらっしゃるのですが、日本政策金融公庫から融資を受ける際、ネットバンキングのみを保有している場合には、融資を受けることができません。今回は、ネットバンキングのみの方はどうすればよいのかをご紹介していきます。

1.ネットバンキングしかないと公庫からお金は借りられないのか?

結論からいうと、今の段階ではネットバンキングの口座しか持っていないと公庫からお金を借りることはできません。

なぜかというと、日本政策金融公庫(通称:公庫)はお金を貸す業務を行っていますが、お金を預かる業務を行っていないからです。

通常の銀行であれば、お金を借りる銀行の口座に融資額が入金されます。例えば、りそな銀行で1,000万円借りたら、りそな銀行の通帳に入金されます。

しかし、公庫では事情が異なります。

公庫は、お金を預かる業務をしていない(公庫の通帳がない)ので、入金する銀行を指定する必要があります。

例えば、公庫で1,000万円借りることにします。

そしたら、銀行口座を指定して、りそな銀行に1,000万円を入金してもらいます。

このように、入金先を指定することになりますが、指定先の銀行にネットバンキングが対応していないために公庫の融資を受けることができません。将来的にネットバンキングも入金先として指定できるようになる可能性もありますが、現時点ではネットバンキングの口座は対応していないのです。

2.融資が確定してから銀行口座を作ってもよいのか?

融資の手続きを行っている際に、ネットバンキングしかもっていなかったとしても、融資が確定した後に、銀行口座を作成しても問題はありません。

しかし、銀行口座の作成は意外と時間がかかります。

個人口座であれば、まだ早く作成できますが、法人の口座の場合には、2~3週間かかることもあります。長い時では1か月以上かかることもあります。

そのため、融資の手続きを進めながら、通帳の作成準備もしておくとスムーズでしょう。

まとめ

ネットバンキングは、非常に便利ですが、ネットバンキングのみしかもっていない方で、日本政策金融公庫から融資を検討されているのであれば、早めに銀行口座を開設しておきましょう。