日本政策金融公庫から2度目の融資を受けるベストなタイミングとは?

日本政策金融公庫から2度目の融資を受けるベストなタイミングとは?

日本政策金融公庫から2回目の融資を受けようとお考えの方。

どのタイミングで融資を受けることがもっともメリットがあるかをご存じでしょうか?

今回は、2回目に融資を受けるベストのタイミングについてご説明していきます。

1.日本政策金融公庫から2度目に融資を受けるベストタイミングがあります!

2度目に融資を受け易いのは、完済後の3年以内です。

初回の融資の際は提出資料が多く手間がかかりますが、しっかり返済した人であれば、2度目の融資の審査は比較的簡単で大抵は早く融資を受けることができます。

初回の融資の時は融資が確定するまでに約1か月かかりますが、2度目の融資は1週間程度の可能性もあります。

ただ、このようにスムーズに借り入れができるのは完済後3年間です。日本金融公庫は融資を完済したデータを3年間保管しますが、3年を過ぎると破棄してしまうからです。

データが残っているうちは楽に融資を受けることができるというわけです。

継続的に融資を受ける予定があるなら、完済してから3年以内に借り入れを受けるように計画すると良いでしょう。

2.追加融資のタイミング

すでに日本政策金融公庫から融資を受けており、さらに追加融資が必要になった場合、すぐに追加を受けるのは現状難しいです。例外として業績が良ければ追加を受けることが可能の場合もありますが、追加融資は3割程度返済した後が妥当だと言われています。

3.追加融資の成功事例

日本政策金融公庫から1回目の借入後、2年以内に追加融資に成功した事例

会社設立した後、すぐに日本政策金融公庫から800万円の融資を受けた方がおりました。

1期目の決算は黒字で申告し、かつ、2期目の4ヶ月間で売上を順調に伸ばし、貯金残高が1,500万円ありました。

この貯金残高が多い状態で、2回目の融資を申し込み、追加で1,000万円の融資に成功しました。

この方の成功のポイントは?

融資は、お金があまり必要でないときの方が借りやすいです。日本政策金融公庫としても、返済できる方にお金を貸したい!という考え方がありますので、余裕があるときの方が融資を受けやすいです。

つまり、会社設立して、16ヶ月目で日本政策金融公庫から2回目の融資に成功したポイントは、会社が順調に成長し、余裕があるときに融資を申し込んだことで、すぐに借入に成功したということです。

この方のように2回目の融資をすぐに行うことができるのは、あまりないことです。業績がよい会社のみがすぐに2回目の融資を利用でき、あまり業績がよくなければ最低でも借りたお金の30%以上返済してからでなければ追加融資を受けることはできないでしょう。

3.決算終了後すぐに追加融資をするのはどうか?

これは、とても良いタイミングだと言えます。

1年分の数字が確定しており、税務署の判子が押されている書類があるなら、公庫もその数字の正しさを判断しやすいからです。

4.追加融資は、決算終了後が一番借りやすいです!

決算が終了すると、1年間の業績が正確にわかります。

決算前ですと、数字の正確性を確かめることができないため、決算の直前に追加融資を申し込んだ場合には、決算終了後でなければ審査できない!と言われてしまうこともあります。

まとめ

資金調達がうまい会社は、倒産リスクが下がります。

5年以上継続している会社が15%程度しかない世の中ですので、上手な資金調達をするためにも今回の記事を参考にしてみてください。