お金がない時どこで借りる?お金を借りる方法を紹介

お金がない時どこで借りる?お金を借りる方法を紹介

お金の借り方は様々です。誰から借りるのか、どこから借りるのか、お金を借りる方法は一つではありません。

たとえば、金融機関から借金すれば利息が発生しますし、返済の負担を少なくするためにも低い金利のほうが得策です。

そうしたように、お金がないからといって手当たり次第に借りるのではなく、返済のことも考慮したうえで「どこで借りるのか」を検討する必要があるでしょう。

本当に返済できるのか、よく考えてから借りましょうね。

1.お金がない!どこで借りる?

(1)銀行でお金を借りる

カードローンはインターネットで申し込むこともできますし、専用の自動契約機で申込できます。その日のうちに審査が通れば、即日での借り入れも可能。

消費者金融よりも審査の条件は厳しくなりますが金利は低いです。銀行のカードローンでキャッシングするという方法が、お金を借りる選択肢の一つですね。

(2)消費者金融からお金を借りる

消費者金融は銀行よりも審査が早くお金を借りやすいですが金利が高いです。銀行のカードローンが金利14%に対し、消費者金融は18%の金利。およそ4%の差があります。

ほとんどの消費者金融が即日融資OKで、すぐに現金を借りられるのは嬉しいですが、ちゃんと金利のことを把握したうえで検討するようにしたいですね。

(3)クレジットカードで現金を借りる

すでにクレジットカードを持っている人は、キャッシング機能を使ってお金を借りることも可能です。ちなみに、キャッシング機能がついていないカードでは利用できません。

そのクレジットカード会社が提携するコンビニや銀行のATMにクレジットカードを入れ、現金を引き出すことをキャッシングと言います。クレジットカードを確認してキャッシング機能がついているかチェックしてみましょう。

「キャッシングとは何か?」でクレカのキャッシングについて詳しくご紹介しています。

お金がない時どこで借りる?お金を借りる方法を紹介

カードローンとキャッシングの違いはこちら⇒「キャッシングとカードローンの違い」で詳しくご紹介しています。

2.闇金は絶対にダメ!

金融機関からお金が借りられないからといって、闇金で借りてしまう人もいますが危険です。借りた時点で地獄が始まります。

ドラマ(映画もある)「闇金ウシジマくん」を見れば、どれだけ闇金が恐ろしいかがすぐにわかるでしょう。本当に闇金はヤバいです!銀行のカードローンや消費者金融の金利は高くても年利18%ですが、闇金は10日1割や10日で3割など普通では考えられない金利が当たり前の世界です。

たとえば闇金で10万円を借りた場合、10日後には1万円の利息(10日で1割)を支払わないといけないのです。10日で3割になると、10日後に支払う利息は3万円です。「お金がない」「早急にお金が必要」と切羽詰まっても、絶対に闇金は利用してはいけません。ちなみに、10日で5割という闇金もありますが、こうなると人生が終わります。

お金がない時どこで借りる?お金を借りる方法を紹介

3.国からお金を借りるという選択肢

(1)国の教育ローン(日本政策金融公庫の教育一般貸付)

奨学金制度とは違い、保護者が国からお金を借りることができる制度。限度額は1年に350万円で、奨学金とは違い入学する前でも借りることができます。

ほかにも、「低所得で進学を諦めるしかない」「特別な事情があって満足な収入を得られていない」といった人を対象にした教育支援資金制度と呼ばれるローンもありますね。

(2)市役所でお金を借りる(生活福祉資金貸付制度)

市役所でお金を借りることができます。

社会福祉協議会の職員と面談をして、将来的に返せる見込みがあると判断されれば現金を貸してくれます。

ただし、審査は細かいです。

そして、生活を立て直す目的や子供の教育のために必要など、生活に関わる明確な理由がなければ利用できません。また、連帯保証人がいれば無利子という点も特徴です。

生活福祉資金貸付制度は、低所得者や高齢者や障害者の生活を支えることが目的。経済的に自立できるように社会福祉協議会と職業安定所が就職の支援を行ってくれるのも特徴です。

お金がない時どこで借りる?お金を借りる方法を紹介

4.可能なら親に相談するのが一番いい

事情を話し、お金を借りる。

親なら、これだけです。審査や金利もありませんし、事情を理解してくれれば貸してくれる可能性もあります。

しかし、言いにくい・頼みづらいというのが本音。けれど、金融機関や闇金から借金して返済できなければ、親に借金があることを打ち明けることになるでしょう。

そうなるくらいなら、はじめから親に相談するのも一つの手段。ただし、知人や友人、彼女などに借りるのは避けたほうが無難です。

「金は縁の切れ目」という“ことわざ”もありますし、身近な人からお金を借るなら一番の方法は親かもしれませんね。

お金がない時どこで借りる?お金を借りる方法を紹介

5.借金の理由は人それぞれ

遊ぶための資金やギャンブル、生活費や子供の養育費、急な引っ越しや事故の示談金、経営者なら事業資金や運転資金など、お金を借りる理由は人それぞれです。

しかし、お金を借りるときに冷静に考えてほしいのが、「そのお金は本当に必要か」ということ。つまり、借金してまで工面する必要があるのか、考える必要があります。

カードローンやキャッシングなど手軽にお金を借りられる時代ですが、計画性のない借金で返済が困難になり借金したことを後悔する債務者が多いのも事実。

また、優良な金融機関ばかりではなく悪質な業者もいるので、どこからお金を借りるか決めるのは重要な選択です。お金を貸す名目で手数料を請求して騙す悪質な業者もいます。

「よ~く考えよ~、お金は大事だよ~♪」って・・・、まさにその通りですね。借金して後悔しないように、くれぐれもご利用は計画的に。