フリーターがお金を借りる前に覚えておくべき知識を徹底解説!

フリーターがお金を借りる前に覚えておくべき知識を徹底解説!

結論から言うと、フリーターでも金融機関からお金は借りられます。

銀行のカードローンは条件が厳しいでしょうが、消費者金融ならフリーターでもOK。

しかし、フリーターであっても正社員であっても、金融機関からお金を借りるときには同じ手順で融資を申し込むことになります。

つまり、職業や年齢に関係なく金融機関のルールに従って審査を申し込むわけです。まずは、お金を借りるまでの流れを簡単に確認したいと思います。

1.お金を借りるまでの流れ

お金を借りる条件は、それほど難しい基準ではありません。

「20歳以上で安定した収入のある人」が基本的に融資の対象となります。

たとえアルバイトでも月に7万円の収入があれば審査の対象になるのです。とはいえ、月収20万円の正社員と同じ額が借りられるかといえばNOです。

貸金業法では、“借りすぎ貸しすぎ”を防止するために総量規制というルールがあり、消費者金融では原則的に「年収の3分の1を超える借り入れを禁止」しています。(銀行は総量規制の対象外)

次に、キャッシングやカードローンを申し込むときに必要な書類ですが、必要書類が用意できない場合は審査の対象外となり、お金を借りることができません。

  • 身分証明書(本人を確認できる書類)

運転免許証・健康保険証・パスポートなど

  • 収入証明書

源泉徴収書・給与明細書など

基本的には、この2つです。そして、もっとも重要なのが申込書への記入です。申込書の不備や記入ミス、添付書類の不備などで融資を断られるケースも意外と多いようです。

そして、絶対に虚偽の情報を書いてはいけません。職業や収入などをごまかしたりするのは論外。また、最近は店頭や自動契約機のほかにもインターネットで簡単に申し込めます。

24時間いつでも申し込みが可能で、審査が完了すると電話またはメールで審査結果の連絡が入り、融資の条件を満たしていればお金を借りることができます。

フリーターがお金を借りる前に覚えておくべき知識を徹底解説!

2.フリーターがお金を借りる方法は?

先ほども言ったように、融資の条件は「20歳以上で安定した収入のある人」です。

フリーターでも勤務先と収入を証明できる書類(給料明細など)があればお金を借りられます。

フリーターだから審査に通りにくそうというイメージがありますが、確かに正社員とアルバイトでは正社員のほうが有利と言えるでしょう。

そもそも審査で重要になるのは、「勤続年数」や「年収」です。その2つを目安に「安定した収入を得ているか」を審査の基準にするわけです。

毎月の給料の額よりも、いかに安定した収入を得ているかがポイント。勤続年数が短い、または年収が低い場合でも審査に通る可能性はありますが、融資額は低く設定されることが多いです。

金融機関は融資する額を決めるとき、総量規制に基づいて判断しています。融資の限度額は、原則的に「年収の3分の1まで」です。それを超える借り入れは難しいですね。

たとえば、年収100万円(月収の平均は8万円前後)の人なら、融資の限度額は33万円(3分の1)までとなります。とはいっても、初回から限度額MAXの融資は難しいです。

フリーターが融資を申し込んだ場合、上記の例では初回は10万円~15万円(年収の10分の1~6分の1程度)の融資になるケースが多いようです。

3.融資の審査が通らないフリーターの特徴

  • 安定した収入がないと判断された
  • 収入を証明する書類がない
  • 申告した内容が事実ではなかった、または記入に不備があった
  • 在籍確認が取れなかった
  • 連絡先にウソの電話番号を書いた
  • ほかの金融機関から、すでに年収の1/3を借りている
  • 過去に返済トラブルがあってブラック(金融事故)である
フリーターがお金を借りる前に覚えておくべき知識を徹底解説!

 

金融事故(きんゆうじこ)とは、一般に銀行やクレジットカード、キャッシングなどでお金を借りた場合、その返済が行われなかった、または大幅に遅延したことを指す。

その事実が個人信用情報機関へ登録され、金融事故(異動情報の登録)のことを「ブラックリスト」などと呼ばれることもあるが正式な表現ではない。

たとえば、クレジットカードやキャッシングなどの支払い日に残高不足で支払いができないことが続くと、金融機関(カード会社、信販会社など)は信用情報機関に正常に返済ができなかったという事実(事故情報)を登録する。

この登録された内容は個人信用情報機関を通じて金融機関は参照することができる。これが登録されると多くの金融機関は与信に対して保守的となり、新規のクレジットカード作成や住宅ローンなどの与信において審査否決される可能性が高くなる。

なお、この登録は未納状態の解消から5年間は保存されるため、金融事故が発生すると以後5年間は新規のローンなどが組めなくなる。

参照元

 

4.闇金は絶対にダメ!

フリーターで金融機関からお金が借りられないからといって、闇金で借りてしまう人もいますが危険です。借りた時点で地獄が始まります。

ドラマ(映画もある)「闇金ウシジマくん」を見れば、どれだけ闇金が恐ろしいかがすぐにわかるでしょう。

本当に闇金はヤバいです!

銀行のカードローンや消費者金融の金利は高くても年利18%ですが、闇金は10日1割や10日で3割など普通では考えられない金利が当たり前の世界です。

たとえば闇金で10万円を借りた場合、10日後には1万円の利息(10日で1割)を支払わないといけないのです。10日で3割になると、10日後に支払う利息は3万円です。

「お金がない」「早急にお金が必要」と切羽詰まっても、絶対に闇金は利用してはいけません。ちなみに、10日で5割という闇金もありますが、こうなると人生が終わります。

5.日雇いのアルバイトでも融資は可能か?

フリーターといっても日雇いアルバイトでは状況が変わってきます。

結論を申し上げると、日雇いアルバイトだけのフリーターは融資の審査を通る可能性は低いです。

何度も言うようですが、そもそも審査の対象は「20歳以上で安定した収入のある人」ですから、収入が安定していないと判断されやすいのでお金を借りるのは難しいですね。

なかにはアルバイトを掛け持ちしている人もいると思います。

どれか一つに絞って勤務先を申込書に書くのではなく、すべて書いたほうがメリットになるでしょう。

掛け持ち=収入源が多いということになりますし、マイナスな印象を与える要素にはなりません。副業も同じです。記入する欄が一つしかないときは、問い合わせて確認しましょう。

6.まとめ

さて、今回は「フリーターがお金を借りる方法」についてポイントを確認しました。安定した収入さえ証明できれば、フリーターでもお金を借りることは可能です。

銀行で融資を受けるのは難しいでしょうが、消費者金融やクレジットカードなら借りられる可能性が高いです。今回ご紹介したポイントを、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。