ご存知ですか?リボ払いのメリット・デメリット

ご存知ですか?リボ払いのメリット・デメリット

近年クレジットカードの支払い方法として、リボ払いを選択する人が増えています。しかしリボ払いは仕組みが難しいため、正しく理解した上で使用しないと損をする可能性があります。そこで今回は皆さんが損をしないためのリボ払いのメリット、デメリットについて解説していきます。

1.そもそもリボ払いとは

リボ払いとはキャッシングやクレジットカードの返済方法の一つで、正式にはリボルビング払いと言い、利用金額に関わらず毎月一定の金額を返済していく方法です。リボ払いの詳しい説明については、こちらの記事をご参照ください。

2.リボ払いのメリットとは

(1)毎月の返済額が一定

リボ払いは利用残高に基づいて毎月の最低返済額が決まっています。そのため毎月の返済額がほぼ一定となり、家計が管理しやすくなるというメリットがあります。一括払いでは買えない、分割払いでは月々の返済が厳しいというときに、毎月の返済額が一定のリボ払いであれば、欲しかった高価な物も購入できます。

ご存知ですか?リボ払いのメリット・デメリット

(2)繰上げ返済ができる

リボ払いは返済の途中でも、余裕がある月や、まとまったお金があるときにはいつでも繰上げ返済することができます。

例えば、来月はお金がなくて一括で支払えないけれど、翌月にはまとまったお金が入る場合、一旦リボ払いにして翌月完済するという方法があります。

ご存知ですか?リボ払いのメリット・デメリット

ここまでリボ払いのメリットについてご説明しましたので、続いてデメリットについて解説していきます。

3.リボ払いのデメリットとは

(1)金利手数料が高い

先程のメリットで挙げた「毎月の返済額が一定」はリボ払いのメリットでしたが、リボ払いの最大のデメリットは「金利手数料が高い」ことです。

リボ払い金利手数料相場:15~18%

分割払い金利手数料相場:12~15%

そして利用残高に応じて毎月の返済額がほぼ一定で済むため、その分返済期間が長引きます。返済期間が長引くと、負担する手数料の額も大きくなっていきます。

(2)返済計画を立てにくい

現在どのくらい利用残高があるのか、完済までどのくらいかかるのか、手数料はいくらかかっているのかなどの詳細を把握しにくいため完済計画を立てにくいのが特徴です。

 

(3)手軽に利用してしまう

クレジットカード会社によるポイントキャンペーンや特典などがあり、リボ払いは利用しやすくなっています。また月々の返済額が少なく済むため借金の意識が薄くなり、気がついたら返済額が膨大な額になってしまうことがあります。

上手に使えばリボ払いは怖くない!リボ払いの活用方法を詳しくご紹介しています⇒「ショッピングリボの活用方法」

まとめ

リボ払いはまとまったお金が入る予定のときや繰上げ返済出来る見込みがあるときには便利ですが、安易に利用してしまうと返済金額が膨れ上がり、あとで後悔することになりかねません。リボ払いを利用する際は、事前に金利手数料の確認と無理のない範囲でのご利用をおすすめします。