意外と知らない?楽天カードと楽天ポイントカードの違いをわかりやすく解説します!

意外と知らない?楽天カードと楽天ポイントカードの違いをわかりやすく解説します!

皆さんは「楽天カード」と「楽天ポイントカード」の違いについてご存知ですか?同じカードだと思っている人、両方とも楽天ポイントが貯まるカードで大きな違いはないと思っている人、今回は「楽天カード」と「楽天ポイントカード」の違いについて解説していきます。

意外と知らない?楽天カードと楽天ポイントカードの違いをわかりやすく解説します!

1.楽天カードと楽天ポイントカードの違い

(1)楽天カード

楽天カードは永年年会費無料のクレジットカードです。クレジットカード払いをすることで楽天ポイントが貯まります。また、貯まったポイントは1ポイント1円として楽天グループで使用することができます。

意外と知らない?楽天カードと楽天ポイントカードの違いをわかりやすく解説します!

(2)楽天ポイントカード

楽天ポイントカードは、名前の通り楽天のポイントカードです。「楽天カードにもクレジット機能が付いていないカードがあります!」の記事でも紹介していますが、コンビニやガソリンスタンなど日本全国に展開する楽天POINT加盟店で、楽天ポイントカードを提示すると楽天ポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント1円として楽天グループで使用することができます。

意外と知らない?楽天カードと楽天ポイントカードの違いをわかりやすく解説します!

2.一体型カード

(1)どんなカード?

「一体型カード」とは、「楽天カード」、「楽天ポイントカード」、そして「楽天Edy」の三つの機能が一つになったカードです。それぞれのカードを持つ必要がなく大変便利です!楽天Edyの詳しい説明についてはこちらの記事をご参照ください。

【見分け方】

意外と知らない?楽天カードと楽天ポイントカードの違いをわかりやすく解説します!

(2)切替方法

今から新規で申し込む人や、楽天カードの有効期限が近く新しく送られてくる更新カードは一体型になるようですが、有効期限がまだ先の人や切替したい人は、切替手数料カード1枚につき1,080円を支払うことで一体型カードへ切り替えることができます。

楽天e-NAVI「楽天ポイントカード機能付き楽天カードへの切替」から手続きできます。
意外と知らない?楽天カードと楽天ポイントカードの違いをわかりやすく解説します!

まとめ

楽天ポイントは、楽天市場でのショッピングや楽天グループでの買い物、楽天Edyへの交換など多彩な使い方ができます。一体型カードでお得にポイントを貯めてください。