楽天Edyってこんなに便利!使い方や入金方法まで解説します!

楽天Edyってこんなに便利!使い方や入金方法まで解説します!

皆さんは楽天Edyについてご存知ですか?楽天Edyとは楽天Edy株式会社が運営する電子決済サービスのことです。

楽天Edyを今まで一度も使ったことがない人、そもそも楽天Edyってなに?という人はこの記事を読んでみてください!
楽天Edyってこんなに便利!使い方や入金方法まで解説します!

1.楽天Edyとは

楽天EdyとはsuicaやPASMOでおなじみの電子マネーのことです。

日本全国48万ヶ所以上の楽天Edy加盟店で使え、事前に入金(チャージ)した範囲内で利用することができます。

楽天Edyってこんなに便利!使い方や入金方法まで解説します!

2.楽天Edyの種類

楽天Edyが搭載されているカードにはいくつか種類があります。利用する前に利用登録が必要な場合がありますのでご注意ください。

(1)Edy-楽天ポイントカード

「楽天Edy」と「楽天ポイントカード」が1枚になっているカードのことで、楽天市場で購入することができます。(税込:108円)また、カードの表面がキャラクターデザインになっているものもありますので、お好きなデザインがあればこちらを購入するのもいいかもしれません。(お買いものパンダ 税込:432円、その他キャラクター 税込:540円)

楽天ポイントカード「楽天ポイントカードの利用登録・登録情報の確認」より手続きが可能です。

(2)Edyストラップ

楽天Edyの機能がストラップになったものです。こちらも楽天市場で購入することができます。(税込:1,058円)縦4.5cm×横3.8cmのストラップなのでスマートフォンやカバンにつけ、持ち歩くことが可能です。

下記のリンクより利用登録することができます。https://edy.rakuten.co.jp/card/edydep/rakuten/edyno

(3)一体型カード

クレジット機能がついた「楽天カード」と「楽天Edy」「楽天ポイントカード」の3つの機能が1枚になったカードです。こちらは楽天カードのクレジット審査に通過した場合発行されます。※既に設定されているため利用登録は不要です。

楽天カードを持っているけれど一体型カードではない場合、切替手数料カード1枚につき1,080円(税込)を支払うことで一体型カードへ切り替えることができます。

楽天e-NAVI「楽天ポイントカード機能付き楽天カードへの切替」から手続きできます。

【見分け方】

楽天Edyってこんなに便利!使い方や入金方法まで解説します!

(4)おサイフケータイ

おサイフケータイとは、FeliCaチップ(ICチップ)をスマートフォンなどの携帯端末に搭載し、お財布の代わりとして使用する電子決済サービスのことです。おサイフケータイ機能が内蔵されているスマートフォンで「楽天Edy」のアプリをインストールすることで利用することができます。

楽天Edyってこんなに便利!使い方や入金方法まで解説します!

またおサイフケータイの利用のみ、楽天ポイント以外のポイントを選ぶことができます。(Edy-楽天ポイントカード等は楽天ポイントしか貯まりません。)

・楽天スーパーポイント

・ANA(マイル)

・Pontaポイント

・Edyでコイン(GREE)

・au WALLETポイント

・Tポイント

・ヨドバシゴールドポイント

・エポスポイント

・ビックポイント

・マツモトキヨシ

・エディオンポイント

・ドットマネー(Ameba)

楽天Edyアプリ「ポイント→ポイントの設定・変更」から登録することができます。

3.入金(チャージ)の仕方

楽天Edyを使うためには、事前に入金(チャージ)する必要があります。1回のチャージ上限金額は25,000円で、カード1枚につき最大50,000円まで入金することが可能です。

楽天Edyってこんなに便利!使い方や入金方法まで解説します!

(1)現金

①店頭で伝える

楽天Edy加盟店にて「楽天Edyにチャージしてください」と伝えることでチャージすることができます。

②Edyチャージャー

楽天Edy加盟店に設置してあるEdyチャージャー(現金入金機)でチャージすることもできます。対象の加盟店は下記リンクからご確認ください。https://edy.rakuten.co.jp/howto/osaifukeitai/charge/cash/

(2)クレジットカード

クレジットカードを使って楽天Edyにチャージすることができます。チャージの際にも楽天ポイントが貯まるため現金でチャージするよりおすすめです。楽天カードはもちろん他社カードも使えますので、対象のカード会社は下記のリンクからご確認ください。https://edy.rakuten.co.jp/howto/card/edy_rpointcard/charge/credit/

①オートチャージ

楽天カード利用で楽天Edyのオートチャージが可能です。オートチャージとは対象店舗での買い物の際、楽天Edyの残高が設定金額を下回っていた場合、自動でチャージされるシステムです。

ただし、オートチャージ対象店舗でしかオートチャージされないため注意が必要です。オートチャージ対象店舗は下記のリンクからご確認ください。https://edy.rakuten.co.jp/howto/card/rakutencard/charge/autocharge/#step02

②いつでもEdyチャージ

事前に楽天e-NAVIから設定しておくことで、いつでも決まった金額をチャージすることができます。設定金額は3,000円、5,000円、10,000円から選択できます。

(3)ポイント

楽天ポイントを楽天Edyに交換することが可能です。楽天PointClub「ポイント交換」のページより会員ログインし手続きすることができます。

楽天Edyってこんなに便利!使い方や入金方法まで解説します!

(4)銀行口座

おサイフケータイ利用者のみ金融機関に口座振替の申し込みをすることで、銀行口座からの自動引き落としによるチャージが可能です。

4.使える店舗

楽天Edyは日本全国48万ヶ所の楽天Edy加盟店にて利用することができます。最新の対象店舗は以下のリンクから確認することができます。https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

楽天Edyってこんなに便利!使い方や入金方法まで解説します!楽天Edyってこんなに便利!使い方や入金方法まで解説します!

まとめ

今回は楽天Edyについての説明でしたが、お分かりいただけましたでしょうか?楽天Edyのチャージに楽天カードを使い、楽天Edyで支払うことによりポイントの多重取りが可能になります。楽天カードリーダーやパソリがあれば楽天市場での利用もできます。今まで使っていなかった人は是非ご自身に合った楽天Edyの使い方を見つけてください。