楽天カードで引き落としできなかった!再引き落としはある?ポイントは?

楽天カードで引き落としできなかった!再引き落としはある?ポイントは?

楽天カードの締め日は月末で、口座引き落としは翌日27日です。

しかし、残高不足で引き落としできていなかった!という経験をした方も中にはいらっしゃることでしょう。カードの引き落としがスムーズにできないと、あなたの信用情報に傷がつきます。出来るだけ早く返済したいものです。

今回の記事では、楽天カードで一度目の引き落としができなかった方のために再引き落としや楽天ポイントの付与について情報をまとめました。是非ご覧ください。

 1.楽天カードの締め日はいつ?口座振替日は?

楽天カードの締め日は毎月月末です。そして、翌月の27日にあなたが登録した銀行口座から代金が引き落としされます。 例えば、あなたが8月1日に楽天市場で洋服を1万円分購入し、8月の携帯代が5千円、8月の公共料金5千円共に楽天カード払いにしていたとしましょう。

すると、あなたが楽天カード利用代金を払う日は翌月の9月27日です。実際には、27日が土日祝日にあたった場合はその翌日である28日に口座引き落としが実施されます。

厳密には、8月31日など末日近くにカードで購入した情報は、まれにカードシステム上の関係で9月利用分に回されることもあります。明細を見て、「あれ?8月利用分が思ったよりも少ない!」と思っても、支払いがなくなる訳ではありませんので注意しましょう。

 2.引き落としできなかった場合は翌日以降に再引き落としされる

楽天カードで引き落としできなかった!再引き落としはある?ポイントは?

楽天カードでは、27日に引き落としができなかった場合は翌日以降に再引き落としがされる再引き落としサービスがあります。しかし、全ての銀行口座ではありません。

再引き落としサービスをしてくれる銀行口座は、現在以下の通りです。

  • 楽天銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 横浜銀行
  • 千葉銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行
  • 常陽銀行
  • 肥後銀行
  • 八十二銀行

ここで補足ですが、ゆうちょ銀行でも再引き落としはされますが、再引き落としが元々の引き落とし日の翌日の1回のみですので注意が必要です。

そして、気になる再引き落とし日ですが27日の翌日~4日間連続で再引き落としをしてくれます。例えば、9月27日に引き落としができなかった場合は、以下のようなスケジュールで引き落としされます。

  • ①回目:9月28日
  • ②回目:9月29日
  • ③回目:9月30日
  • ④回目:10月1日

他のクレジットカードでは、そもそも再引き落としサービス自体がない、再引き落としをしてくれても1回だけ、というクレジットカードも多くあります。楽天カードは、再引き落としについては非常に優しいクレジットカードと言えるでしょう。

 3.再引き落としされてもポイントはつくの?

楽天カードで引き落としできなかった!再引き落としはある?ポイントは?

さて、何となく支払いが遅れると悪い事をしたような気がして、楽天カードのポイントがもらえないのでは?と心配になってきませんか?

ご安心ください!口座引き落としの遅延とポイントは関係がありません。楽天スーパーポイントの付与タイミングは、当月利用分については翌月15日前後となります。つまり、27日の口座引き落とし予定日前にはポイントは付与されているのです。

しかし、カード情報の到着するタイミングや事務処理上ポイント付与が翌々月になる場合もあります。だからと言って、ポイントが消えてしまうわけではないので、安心しましょう。

 4.楽天カードの引き落とし口座をどこにしたか忘れてしまったら?

楽天カードを申し込んでからしばらく利用がなかった場合は、タイムラグで自分はどの銀行口座を引き落とし口座に指定したか忘れてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、楽天e-NAVIに楽天会員向けオンラインサービスで調べることができます。

 振り込み先に確認方法|楽天カード

また、「楽天e-NAVIにログインできない!どうしよう!」とパニックになってしまった方は、慌てず電話で照会をしましょう。上記のリンクの専用電話ダイヤルで調べることができます。

 5.引き落とし口座への入金を忘れないために

楽天カードで引き落としできなかった!再引き落としはある?ポイントは?

クレジットカードの引き落としができないと、あなたの信用情報に傷がつき、将来別のカードを作る時やローンを組む時に審査が通らなくなる可能性があります。

筆者も過去に引き落としができなかった経験があるため、以下のような対策をとり現在は引き落としができないという事態はなくなりました。

 ①手帳やカレンダーに何段階かに分け引き落とし日を記入する

あなたがお使いのカレンダーアプリや手帳などに、まずは楽天カードの引き落とし日(27日)を記入します。カレンダーアプリの繰り返し機能を使えば、毎月27日に楽天カード引き落とし、と1回の作業で何年分も登録することができます。

27日のみを記入しては忘れる事もあるため、1週間前の20日ごろに1度「カード支払い準備①」というようにタスクとして記入しておきます。そして、その3日後の23日頃に再度「カード支払い準備②」というように2回目のタスクとして記入しておきます。

こうして何段階かに分けておくことで、うっかり入金忘れを防ぐことができるのです。

 ②カード利用お知らせメールに登録する

楽天カードでは、カード利用お知らせメールというメールサービスがあり、カード利用をする都度利用日と利用金額を記載したメールを送信してくれます。

 カードご利用お知らせメール

このメールの登録は、楽天e-NAVIから可能です。メール受信が少し多くなりますが、カード遅延を起こすよりはよっぽどマシです。あなたがGmailを使っていれば、検索欄で「楽天カード 利用 金額」のようにキーワードを入れれば、前月の利用分のお知らせメールのみを検索できるので便利です。

楽天e-NAVIにログインするのが面倒!という方は、この方法でざっくり今月の引き落とし額がだいたいどのくらいなのか把握する事ができます。

 ③指定口座にはいつも多めに入金しておく

あなたの毎月の楽天カード利用額が5万円くらいなら5万円、3万円くらいなら3万円を常に口座に預け入れておけば、直前に慌てる事もなくなります。少しお金に余裕のある時は、余分なお金をクレジットカード引き落とし口座に集約しておくクセをつけましょう。

 まとめ

楽天カードは再引き落としサービスの充実しているクレジットカードです。しかしながら再引き落としが重なれば信用情報にも傷がつきます。1回だけの失敗であれば、誰でもあります。次から再引き落としにならぬよう、対策をしていきましょう。