楽天カードで家族カードを作るメリットとデメリットをまとめました

楽天カードで家族カードを作るメリットとデメリットをまとめました

楽天カードで家族カードを作ると、年会費が無料であったりポイントが合算できたりとメリットがあります。

しかし、人によっては家族カードじゃなく絶対別のカードにした方がいい、という意見もあります。どのような人に家族カードはよいのでしょうか?

そこで今回は、楽天カードで家族カードを作るメリットとデメリットをまとめてみました。是非最後までご覧ください。

1. 楽天カードの家族カードはどんなカード?

楽天カードの家族カードは、今楽天カードをお持ちの方(楽天カード本会員)と生計を共にするご家族の方が持つことができるカードです。 カードの利用代金は本会員と同じ口座から引き落としがされます。子供であっても18歳以上であれば持つことができるため、安定した収入のない大学生や専門学校生、そして年金暮らしの自分の親にも持たせることができます。

また、楽天カードの利用でもらえるポイントも本会員の楽天スーパーポイント口座へ振り込まれるのが特徴です。

その他の特徴については、以下の公式ご利用ガイドをご参照ください。

家族カードのご利用ガイド

2.家族カードのメリット

楽天カードで家族カードを作るメリットとデメリットをまとめました

①審査がゆるくなる

家族カードを持つ人は、経済的に本会員より低い人が想定されています。どういうことかと言うと、夫が本会員の場合に妻に家族カード、お母さんが本会員の場合には子供に家族カード、というように、本会員はある程度支払い能力がある人でないといけません。

家族カードを持つ人自体にはさほど支払い能力は重視されていないため、個人で楽天カードを申込む時よりも審査に通りやすいのがメリットと言えますね。

②自分で払わなくていい

当たり前と言えば当たり前ですが、家族カードで買い物をしても自分の口座から引き落としされるのではなく、旦那様やお母さまといった自分の家族が代わりに払います。

中には、カード利用分をバイト・パート代で現金で払いなさい!というご家庭もあるかとは思いますが、たいていの場合カード利用分は家族が払ってくれます。調子に乗って使いすぎないようにしなくてはいけないですね。

③家族カード発行で本会員と家族会員共にポイントがもらえる

楽天カードで家族カードを作るメリットとデメリットをまとめました

家族カードを発行すると、時期によりポイント数は異なりますが本会員と家族カード会員の両方にポイントがもらえるというメリットがあります。

ポイントの割合は、本会員には1,000~2,000ポイント程度の高額ポイントで、家族カード会員には200ポイント程度の少額ポイントがもらえます。実際に受け取ることができるのは、本会員の楽天スーパーポイント口座に約3~4か月後に振り込まれます。このポイントは期間限定ポイントですので、忘れずに消費するようにしましょう。

3.家族カードのデメリット

①利用限度額が低い

重要なポイントですが、家族カードの利用限度額は本会員の利用限度額内とされています。

楽天カードで家族カードを作るメリットとデメリットをまとめました

図のように、例えば本会員の利用限度額が100万円で、そのうち現在ショッピング枠を30万円使っているとしましょう。その場合、家族カード会員は残りの70万円の限度額を本会員と分け合う事になります。

②明細を本会員に見られてしまう、名義が自分ではない

家族カードは、本会員の楽天カードと別のカードが発行されカード番号も全く異なるものが郵送されてきます。しかし、だからと言ってカードで何を買ったかというプライベートをさらされるのはイヤですよね。

ひと月ごとの買い物明細は楽天e-NAVIという楽天会員のためのオンラインサービスから閲覧できますが、家族カード会員の明細は本会員の会員情報で表示することができます。これはつまり、家族カード会員は自分の明細を家族に見られてしまうということを意味するのです。「ちょっと!先月こんなに何に使ったの?」と言われてしまうのではないか、とビクビクしてしまう旦那さまやお子様もいることでしょう。

また、家族カードの表に書かれる氏名も自分の名前ではなく、本会員の氏名がプリントされます。自分専用のカードが欲しいのであれば、家族カードは避けた方がよいでしょう。

③楽天ETCカードは作ることができない

楽天カードで家族カードを作るメリットとデメリットをまとめました

楽天カードの家族カードでは通常の楽天カードだけでなく楽天プレミアムカードや楽天ゴールドカード、楽天ANAマイレージクラブカードは作ることができます。

しかし、残念ながらETCカードは作ることができません。楽天ETCカードが欲しい場合は、個別に申し込みましょう。

3.家族カードはなぜあるの?

家族カードは楽天カード以外のクレジットカードでも作ることができますが、年会費も無料または割安になるためクレジットカード会社にとってウマミがないのでは?と考える方もいることでしょう。

クレジットカード会社が家族カードを勧める理由としては、以下が想定されます。

  • ①家族カードの人が将来本会員になるかもしれない
  • ②本会員が利用代金を支払うため、新規の入会者よりも信頼がある
  • ③家族カードとして発行しても、カード発行枚数が増える

4.家族カードを作ったけどいらない場合は

自分が楽天カードを新規申込する際に、つい家族カードの申込にチェックを入れてしまった!という方は多いのではないでしょうか?また、家族に持たせるつもりで作ったけど、実際は全く家族カードを使っていないというご家庭もあるかもしれません。

楽天カードのように年会費が完全無料の場合はそのままにしていてもよいのですが、信用情報として使っていないカードを多数保持しているのはあまりよろしくありません。今後も絶対に使う予定がないのであれば、家族カードの裏に書いてある電話番号に連絡して家族カードのみ解約しましょう。

また、本会員のカードも必要ないのであれば、本会員から連絡すると家族カードとまとめて解約することが可能です。

まとめ

家族カードには審査の簡略化、ポイントの合算などのメリットがありますが、対して明細を家族に見られてしまう、利用限度額の縮小などのデメリットも少なからずあります。自分や家族には家族カードまたは本会員カードのどちらが向いているのか吟味をして、不要なカードには申し込まないことがポイントです。