楽天カードの支払いが自動リボに!?一括返済に変更できる?

楽天カードの支払いが自動リボに!?一括返済に変更できる?

リボ払いは、利用金額にかかわらず毎月一定額を返済できるという、一見ユーザーに優しいと思わせるカードの支払方法です。しかし、リボは皆さんがご存じの通り手数料が高いですよね。楽天カードで特に気を付けるべきは、自動リボというサービスです。

自動リボはあとからリボや通常のリボとどう違うのでしょうか?この記事を読み終わった後には、楽天カードの自動リボについてちょっぴり詳しくなれますよ。

1. 元々の設定では自動リボになっていない!

楽天カードでもその他のクレジットカードでも、基本設定では一括払いとなっています。しかし、申込時や途中段階で様々なキャンペーンやらメールやらで「リボ払いにしませんか?」「〇日までならリボ払いに変更できます!」というような文句でユーザーを煽ってくるのです。

楽天カードの支払いが自動リボに!?一括返済に変更できる?

なぜでしょうか?それは、クレジットのリボ払いの手数料は平均実質年率12~15%と高めだからです。ちなみに、楽天カードのリボ手数料は最高の年率15%です

1万円の商品を購入して一括払いで支払えば1万円ですが、リボ払いの場合は1万円に加え125円の手数料を支払わなければいけません。「たった125円か~!そのくらい払えるなあ」と大きな気持ちになってしまい、これが落とし穴で多くの方は自動リボのボタンを「ポチっ」と押してしまう訳です。

2.自動リボの場合はポイントがもらえるキャンペーンとは

楽天カードの支払いが自動リボに!?一括返済に変更できる?

 

楽天カードでのリボ払いキャンペーンの中には、「自動リボ払いに切り替えるともれなく7,000ポイント!」など高額なポイントがもらえるものがあります。

しかし、このキャンペーンでは条件があり、期間中にカード利用代金が35,000円以上で、事前にエントリーが必要なのです。エントリーを忘れた、買い物代金がぎりぎり3万円しかいかなかった、などの場合、ただ自動リボにしただけの人になってしまいます。また、楽天カード申込み時に合わせて自動リボ同時登録をされているユーザーもいるので、要注意です。ポイントが欲しい時に少々面倒ですが、申込み時の画面の文言はもれなくチェックしてから申込みしましょう。

その後楽天カードで買い物する度、自動的にリボとなってしまいます。7,000ポイントもらっても、マメな性格で楽天e-NAVIで明細をこまめにチェックする方でないと、大損してしまう場合もあるので気を付けましょう。

3. 何が怖い?自動リボと通常のリボとの違いとは

通常のリボ払いは、購入した商品ごとに一括払いかリボ払いか選択できるようになっています。例えば、店頭で1万円の商品の支払をするときにお店の人に「ご一括払いでよろしいですか?」と言われたら、「いえ、リボで」と言えばリボ払いにすることができます。

しかし、一部のお店では一括払いしか受け付けない、〇円以上でないと分割できないとルールを決めている場合もありますね。

そんな時に便利なのが、あとからリボ。ほとんどのクレジットカードで利用できるサービスで、毎月〇日までであればWeb明細から一括払いや分割払いをリボ払いに変更できますよ、という内容です。楽天カードの場合は、毎月二十日までであれば楽天e-NAVIからログインし、リボ払いに変更することが可能です。

楽天カードの支払いが自動リボに!?一括返済に変更できる?

この場合も、購入した商品ごとにリボにするかどうか選択することができます。しかし、自動リボの場合はボーナス一括払いで購入したもの以外すべてがリボ払いになってしまうのです。楽天で350円の中古漫画を買っても「リボ」。一人暮らしのひと月の水道費2,500円も「リボ」。楽天カードで支払っている全ての支払がリボとなるのです

しかも、毎月支払代金が20万円以内の場合は、楽天カードのリボ払いではたった5,000円になります。20万円分楽天カードを使って毎月の支払が5,000円であれば、単純に考えても2年間以上ずっと支払い続けなくてはいけないですよね。楽店カードのリボ手数料は実質年率15%ですが、2年間かけて払っていると倍の30%です!恐ろしいですよね。

4.こんなはずじゃなかった!自動リボにしてしまう心理と仕掛け

①自動リボにしてしまう心理

自動リボにしてしまう心理として、楽天カードからの巧妙なメールやキャンペーンにひっかるというものがメジャーであれば、マイナーなものとしては「お店でリボ払いというのが恥ずかしい」というものもあるのではないでしょうか?

お店で洋服や靴を購入する時、「一括払いで」という方が大衆心理としてカッコイイ気がしませんか?筆者は以前そうでした。「リボ払いで」というと、この人そんなにお金に困ってるの?と思われる気がして、ついつい店頭では金額に関わらず「一括で」という癖がついていたものです。

また、店頭で勇気を出して「リボ払いで」と言ってはみたものの、「申し訳ございません。当店ではお買い上げ金額3万円未満の商品は、全て一括払いとなるのですが」というような事を言われ、一括にする場合もありました。

②海外からキャッシングをすると自動リボになってしまう

上記の心理とは別に、楽天カードで自分が登録していないのに自動リボになってしまうケースをご紹介します。

海外で楽天カードを使いキャッシングをすると、以下の楽天カード公式ページでも公表されているように、自動的にリボ払い(自動リボ)となってしまいます。

楽天カード|キャッシングのお支払い方法

(※画面下方>キャッシングサービスのお取扱内容(クレジットカード)>海外キャッシングのご返済方式はリボルビング払い(残高スライド定額方式With・Outまたは最終貸付後残高スライド定額方式With・Out)となります。)

これは、オリコカードなどでも見受けられるシステムなのですが、後から一括払いにすることはできません。

③意外と知らない?リボ手数料もカード利用限度額に含まれている

楽天カードの支払いが自動リボに!?一括返済に変更できる?

あなたの楽天カード利用限度額が50万円だとすると、50万円めいっぱい買い物ができるという訳ではありません。リボ払いの手数料も含まれているのです。

例えば、あなたの買い物利用代金が25万円でリボ手数料が3万円だと仮定しましょう。そうすると、あとカードはいくら使えるでしょうか?25万円ですか?22万円ですか?

答えは後者で、22万円です。リボを使えば使うほと、あなたのカード利用限度額もあたりまえですが手数料の分小さくなっていくのです。

④楽天カードは初回からリボ手数料がかかる

クレジットカードにより、リボ払いに登録するだけではリボ手数料がかからないカードもあるのですが、楽天カードの場合は自動リボに登録する時点でリボ手数料はかかります。

実際の店舗では「一括払い」と伝えたのに、ネットで購入した時には一括払いを選択したのに!と悔しがる方が多数います。

 5.3つの自動リボ対策とは?

①まずは楽天e-NAVIにログインして確認を

楽天e-NAVIは、 こちらの楽天カード公式ページ からログイン可能です。ログインしたら、該当月の明細を表示させましょう。上部に「お支払額調整」というボタンがあるのでクリックすると、あなたが自動リボサービスに申込をしているかどうかを確認できます。

もし自動リボサービスに登録されていれば、「自動リボの登録・解除」という設定画面より解除することが可能です。念のため、楽天カード公式ぺージからの関連するFAQ(よくある質問)のリンクも以下に貼り付けます。

 「自動リボサービス」の登録を解除する方法を教えてください。

②一括返済への変更方法

リボ払いの高額な手数料をもう払いたくない!今度のバイト代で全額返済しよう!という意気込みのあなたは、こちらのリンクhttps://www.rakuten-card.co.jp/service/payment/revo_01/ 内の下方にある「リボ払い残高のおまとめ払いはこちら」という文言をクリックしてください。楽天e-NAVIにログイン後、残債をまとめて支払う手続きがオンラインでできます。

この手続きをすると、残債(リボ払いの元金全部)の支払いを次回の口座引き落としに全てまとめることができます。この手続きをする場合も、リボ払いの手数料はかかります。しかし、何か月も払い続けるよりまとめる分リボ手数料をカットできます。

③2回払いなら手数料ゼロ!

楽天カードの支払いが自動リボに!?一括返済に変更できる?

意外と知らない方が多いのですが、クレジットカードの支払方法として一括払いだけでなく2回払いも手数料が無料です。 3万円程度の商品であれば、リボにしないで2回払いにすれば支払いやすいし手数料も節約できますよ。

④繰り上げ返済について

自動リボになってしまったのはしょうがないけど、次の返済日まで日々手数料がかかっている事態に耐えられない! そんなあなたは、次回の返済日を待たずに繰り上げ返済にトライしましょう。

カードの利用残高を、毎月のお支払い日より先に返済することはできますか?

支払いと同時に、自動リボ登録を解除するのも忘れずに行いましょう。

 まとめ

楽天カードでは自動リボというサービスがあり、ボーナス一括払い以外での買い物全てがリボ払いとなるサービスです。高額な買い物をしても翌月の支払いが5,000円程度で済み、なおかつポイントも大量にもらえるキャンペーンもあるので、つい利用してしまう方は多いようです。

しかし、自動リボがきっかけで気が付いた時にはもう返済できないというほど手数料が増えてしまうという方が実際多くいます。リボ払いの全てが悪いわけではありません。「カードのご利用は計画的に」の名言通り、無計画にリボにしてしまう事だけが問題なのです。