楽天カードの審査に絶対落ちたくない!無職はOK?審査結果と基準を分析

楽天カードの審査に絶対落ちたくない!無職はOK?審査結果と基準を分析

楽天カードと言えば、審査に通りやすいカードの1つとして有名です。しかし、審査に落ちている人も確実にいます。審査に通りやすいと言われているのに通らない場合、結構落ち込みますよね。しかし、楽天カードの審査落ちには一つの基準があるようです。

今回の記事では、楽天カードの審査に落ちないためのコツや工夫を書ける限り網羅します。楽天カード申込前の方、申込した後の方、ぜひ最後までお読みください。 

1.楽天カードはどんな人が申し込めるの?

楽天カードに申し込めるのは、年齢が二十歳以上で安定した収入のある方です。非常に幅広いため、本当にこの条件であればほとんどの方が楽天カードの審査に落ちないのでは?と思いますよね。専業主婦も申し込むことができ、社員でなくアルバイトやパートでも定期的な収入があれば申込み可能です。

2.楽天カードの審査の特徴とは

楽天カードでは、申込み後にスコアリングというコンピュータによる自動審査が行われています。そのため、自動審査でパスすることができれば「審査時間が最速2分」というのも納得できますよね。自動審査中に何かではじかれ人による審査になった場合は、最長1週間程度かかるというように個人差があるのです。

スコアリング審査とは

スコアリングとは申込み者からの情報を点数化して、何点以上であれば合格、何点以下であれば不合格、というようにふるい分けする方式です。

スコアリングの重要なポイントを、以下にご紹介します。

(1)居住形態

持ち家かそうでないか、公営住宅かそうでないか、など、居住形態別にランク付けしています。

(2)勤務情報

本人の勤務期間が1年未満~10年以上まで、1年単位でランク付けしています。このため、アルバイトなどでも勤務期間は最低1年以上ある方が望ましいです。

また、年収は120万円以下から200万円~、300万円~と、100万円単位で1,000万円以上までランク付けされています。そのため、年収120万円以下は50万円であろうが100万円であろうがあまり重要視されていません。

この他に、勤務先会社の資本金や従業員人数についても規模によりランク付けされています。もしあなたが、今割と大手の会社で派遣をしているなどの場合で近く退職を検討しているのであれば、在籍中にカード申込みをしておいた方がカードの審査としては通りやすくなります。

(3)延滞履歴

クレジットカードや携帯電話料金の滞納などの情報は、全金融機関において5年間保持されていると考えましょう。厳密には、CICという信用情報機関が情報を保持し、クレジットカード会社に審査情報として求められた際に、随時公開しているのです。(これは法律で認められている行為なのです。)

とはいえ、人生に1回も滞納したことがない人だらけ、であれば苦労しないですよね。意図せず、残高不足で引き落としできなかった場合もあることでしょう。延滞履歴はないことが望ましいですが、あるとしても過去数年で1日だけであれば、新たなカード作りも可能な範囲でしょう。

3.楽天カードに落ちる人はどんな人?

楽天カードの審査に絶対落ちたくない!無職はOK?審査結果と基準を分析

これまでと重複する部分はありますが、楽天カードに落ちる人の特徴について私が調べた内容を、以下に箇条書きにします。この中で、どれか一つでもあったらアウトというわけではなく、2~3点以上、重複すればするほど審査に落ちる可能性は高くなります。

  • 年収が120万円以下
  • 勤務年数が1年以下
  • 家が持ち家ではない
  • 勤務先で雇用保険に入っていない
  • 過去2年以内に滞納履歴が2回以上ある
  • 親にも滞納履歴がある
  • 旦那にも滞納履歴がある
  • 消費者金融から現在お金を借りている
  • クレジットカードを作るのが生まれて初めて
  • ローンを組んだことが今まで一度もない
  • ポイント欲しさに、クレジットカードの同時申込みをした
  • キャッシング利用枠に30万円など高額を記入した

4.楽天カードで会社に在籍確認の電話はかかってくるの?

楽天カードの場合、基本的に本人確認や在籍確認での電話はかかってきません。楽天カードのウリの1つは、その審査のスピード。早い方であれば、申込みから最速2分で審査通過のメールが届く場合もあります。

楽天カードは、カード発行に積極的な部類のクレジットカードのため、審査に時間をかけて発行部数を落とすより、より多くの方にカードを使って欲しいのでしょう。しかし、審査の途中で必要があれば電話をします、と楽天カード公式ページには記載があります。どのような場合かというと、以下のようなパターンです。

 ①申込み時に記入ミスがあった

楽天カードの審査に絶対落ちたくない!無職はOK?審査結果と基準を分析

※楽天カードの申込みは紙ではなくWeb申込みです※

これは、年収や勤続年数などの審査に関わるものではなく、あくまで氏名の漢字ミスや住所の番地が入っていなかったなどのケアレスミスです。電話がかかってくると、ドキッ!としますので、申込み前に最低限入力ミスがないかチェックしてから送信しましょう。

 ②他のカードを作った時と違う会社名を記入した

クレジットカードや携帯電話などの支払い関連情報は、信用情報として各カード・信販会社間などで取引きされています。一般的に、勤務先を変える(転職する)ということは安定した収入として少々マイナスポイントとしてみなされます。

このため、楽天カードに申込みをする前に作ったクレジットカードを発行した際にAという会社名を記入し、楽天カードの申込みではBという会社名を記入して会社名が別になっていると、在籍確認として会社Bに連絡が入る場合が稀にあるそうです。

この電話を防ぐためには、前のクレジットカードの登録情報を会社Bに変更するという手続きを踏んでおくと、前クレジットカードでの勤務先と今回申し込む楽天カードの勤務先が同一になり、在籍確認の電話を防ぐことができます。

 ③過去にクレジットカードやローンの利用がない

楽天カードの審査に絶対落ちたくない!無職はOK?審査結果と基準を分析

意外に思えるかもしれませんが、クレジットカード業界ではクレジットカードの支払遅延を起こしている人は問題と認識されますが、その逆のクレジットカードの利用が過去に全然ない人のことも問題と認識しているのです。

どういう事かというと、クレジットカードの利用はどんなに高額でも結局遅延なく返済していくと、「きちんと返済できる能力のある人」としてポイントアップされるのです。しかし、クレジットカードの利用自体がない方はこの履歴がゼロのため、貸す側(クレジットカード会社)としては、きちんと返してくれるかどうかは一応年収や持ち家や会社規模などで判断していますが、クレジットカード履歴(ヒストリー)を持っている人の方がポイントとして高く優遇してくれます。

そのため、「今までクレジットカード1回も使ったことがないのに、本人確認の電話があった」という人は、まさにそれこそが理由なのです。

 ④未成年である

高校生などの未成年が楽天カードを作る場合は、親権者の同意を得るために親に電話がかかってきます。この場合、親がOKを出せばすぐに審査が通過するパターンがほとんどです。

5.楽天カードの申込みで審査に通りやすいポイントはある?

楽天カードの審査に絶対落ちたくない!無職はOK?審査結果と基準を分析

楽天カードの申込みで審査に通りやすいポイントはいくつかあります。1つ目は、①キャッシング利用枠の記入を0円にする、という事です。こうすることで、「この人、すぐにでも現金が必要だな」という印象をぬぐう事ができます。

2つ目は、不要なウソはつかない、という事です。審査に通りたいがために、勤務先を大手に変えてしまう、収入を一桁増やしてしまう、などのウソをついても、遅かれ早かればれるのです。

3つ目は、記入ミスをなくす、です。落ち着いていればケレスミスはないはずです。ケアレスミスが多いと、落ち着きがないと見られてしまいます。

6.楽天カードの審査に通りやすいタイミングはある?

キャンペーン中は、できるだけ多くのカード発行をしたいということで、審査が少しだけ緩めになるのでは?という見方もあります。また、他のクレジットカードに申込みをしたのであれば、その審査結果後から最低1か月は次のカードの申込みは控えるべきでしょう。

まとめ

審査に通りやすいと評判のカードに申込みをした後は、結果がどうなるのかヤキモキしますよね。もしあなたが延滞履歴が重なっていないのであれば、審査落ちしたとしても2度目にトライすれば通貨する可能性もあります。クレジットカードの審査には「どうして?」という不思議なケースもあるので、人格を否定されている訳ではありません。