楽天カードのオペレーター直通問い合わせ電話番号と土日の混雑具合

楽天カードのオペレーター直通問い合わせ電話番号と土日の混雑具合

クレジットカードを使っていれば、様々な理由で問い合わせをすることになることでしょう。今回メインでご紹介するのは、楽天カードのオペレーターへの問い合わせについてです。

楽天カードは発行開始からわずか10年で発行枚数が1,200万枚超えを達成しています。そう、いまや大手クレジットカード並みのユーザーを誇ります。しかし、短期間でユーザーを急激に増やしたことで情報が十分行き渡らず「オペレーターと話せる直通電話番号はあるの?」「電話が繋がらない!」といったお困りの声も寄せられています。

今回は、そのあたりについて詳しくお伝えします。

楽天カード 券面 オンリー

公式サイトはこちら

1.楽天カードのオペレーター直通電話は0570-66-6910です

では早速ですが、楽天カードのオペレーター直通電話番号をお伝えします。楽天カードでは、オペレーターと話せる問い合わせ窓口のことを「コンタクトセンター」と呼んでいます。コンタクトセンターは、年中無休で土日含め9:30~17:30までつながります。

コンタクトセンター(営業時間:9:30~17:30/有料)

0570-66-6910

ここで注意したいのは、この番号が「0570」から始まっているということです。0570から始まる電話番号はNTTの「ナビダイヤル」という有料サービスである場合が多く、電話をかける側が料金を負担しなくてはいけません。

ドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリアのかけ放題のプランや無料通話分とは別に料金がかかりますので、注意してください。さらに悲しい事に、オペレーターと話し始める前の待ち時間(アナウンスや音楽が流れている間)中も料金はカウントされています。

上記の番号にかけられない場合は、以下の番号にかけてください。

092-474-6287

この092から始まる番号は、かけ放題や無料通話のプラン対象電話番号です。

2.ナビダイヤルの料金は携帯からだと3分97円!

ナビダイヤルに架ける場合、時間帯により以下の料金がかかります。

楽天カードのオペレーター直通問い合わせ電話番号と土日の混雑具合

3.お金がかかるからガイダンスの時間を省略する方法

3分という時間は、問い合わせをする場合すぐに経ってしまう時間ですよね。下手すると、待ち時間含め30分近くかかってしまう事もあります。その場合、携帯電話から架けている場合はなんと1件の問い合わせをするだけで1,000円近くも負担する計算になります。非常にもったいないですよね。

楽天カードのコンタクトセンターに電話をすると、他のクレジットカード会社同様、「お電話ありがとうございます」や「ナビダイヤルでおつなぎします」などの長いガイダンスでなかなか本題に入らず、正直イライラしてしまう方もいることでしょう。このガイダンスを最初から最後まできちんと聞くと、その時間帯も電話料金はかかっています。

オペレーターと話すならガイダンスを無視して0を押してください。

ちなみに、少しお時間に余裕のある方はこのページも見てみるといいでしょう。

楽天カード公式ページ|ダイヤル表の見方

このページを真ん中あたりまでスクロールすると、問い合わせ内容と番号が乗ったダイヤル表が掲載されています。注意点は、この項目番号は0(ゼロ)以外全て自動音声専用ダイヤル用だということです。

4.問い合わせる内容によっては楽天e-NAVIから手続きする方が早い

楽天e-NAVIという楽天カード会員向けオンラインサービスでも手続きできる内容であれば、ダイヤル表の右側に赤いボタンで「オンライン」と記載されています。以下のような内容はオペレーターと電話をしなくても楽天e-NAVIから手続きする方が早いですよ。

  • 引き落とし口座変更
  • 家族カード・ETCカードの新規申込
  • 利用可能額・残高の照会
  • お客様基本情報の変更
  • 磁器不良・破損などのよるカードの作り直し
  • 自動リボの登録・解除
  • リボ支払いコースの変更

しかし、楽天カードの問い合わせをしたい人の半分以上は、「カードが止められた」「口座から引き落としができなかったけどどうすればいい?」「再引き落としはいつなの?」「不正請求じゃないの?」などの、支払いに関する切実な内容を質問したい方、なのではないでしょうか。

残念ながら、楽天カードが止められた、口座引き落としができなくなった、という場合はコンタクトセンターにご自身で電話をして、オペレーターと話す必要があります。支払い関連のガイダンス番号は「4」、そしてカードを止められた、口座引き落としができなかったという場合はその次に「0(ゼロ)」を押して進みましょう。

再引き落としについては、当サイトの以下の既存記事を是非ご参照ください。

楽天カードで引き落としできなかった!再引き落としはある?ポイントは?

5.解約したい場合も電話する必要があります

楽天カードを解約したいのであれば、やはりオペレーターに電話する必要があります。解約の時は、ガイダンス番号は「3」(各種変更)を押してから「8」(カード解約のお手続き)を押します。

楽天カード解約の場合はダイレクト番号という担当部署直通の番号が用意されています。電話がつながったらすぐに「3800」をプッシュしましょう。

6.混雑している日と時間帯はいつ?

楽天カードのオペレーター直通問い合わせ電話番号と土日の混雑具合

楽天カードで絶対に電話をつなげたいのであれば、朝一番(9:30ジャスト)か15:00~16:00頃が狙い目です。また、以下の混雑している日にちや時間帯を避けるように心がければ、電話の繋がる率も高くなることでしょう。

①日にちについて

(1)毎月27日以降は混雑している

楽天カードの利用代金の口座引き落とし日は毎月27日です。27日が土日となる場合には、翌営業日、つまり翌週の月曜日に引き落とされます。このことから、毎月27日以降は支払い関連で問い合わせる方が増えます。どうしても急ぎの問い合わせでない場合は、27日以降は避けるのが無難でしょう。

(2)土日は一日中混雑

混雑カレンダーを見ると、土日は一日中「とても混雑している」また「混雑している」というマークになっており、「繋がりやすい」マークはなかなか出てきません。

(3)月曜日は混雑している

コンタクトセンターは土日はやっていないと考える方は多いのか?または、土日は余暇を過ごすことに集中していて問い合わせをしたくないためか?意外にも、土日よりも週明けの月曜日が比較的全時間帯で混雑しているようです。

②時間帯について

(1)会社員の昼休憩である12時~13時は混雑

コンタクトセンターの営業時間は9:30~17:30と銀行並みに短いのが特徴です。一般的な会社員であれば、昼休憩を使わないとなかなか電話をすることができません。

(2)~15:00まではだいたい混雑

お昼以降も混雑していることが多い楽天カードのコンタクトセンター。しかし、毎日15:00以降は繋がりやすいようです。16:00あたりからはまた学生さんなどからの電話が多くなるので、できるなら15時~16時を狙って電話をしましょう。

7.オペレーターの対応について

楽天カードのコンタクトセンターに限らず、大手会社のコールセンターは常に人の出入りが激しいものです。その理由は、クレーム対応が嫌になる方が多い事、そして常に新しくなるサービスを勉強し続けるという高いモチベーションが必要だからです。

問い合わせ内容が典型的であれば、流れるような対応を見せてくれる場合もあります。しかし、少し込み入った内容の場合や、こちらが待たせられたことにより若干キツイ感じを醸し出すと「確認しますのでお待ちください」と、ますます対応時間が増えて結果イライラすることも。

今現在の対応の品質に関しては全体的に他クレジットカードよりも低いと感じる方が多いようです。なぜかと言うと、楽天カードの問い合わせは有料だからです。無料ならあまりイライラしないですよね。

他の理由としては、楽天カードはリボなどでポイントがもらえるプレゼントキャンペーンが関係します。楽天カードでは常にポイントプレゼントキャンペーンを大々的にやっていて、ポイント目的でカードを作る方も多くいます。しかし、ポイント付与については細かい規定が多数あり、せっかくカードを作ったのにポイントがもらえなかった→クレーム、というパターンは大変多いのです。そして、クレーム電話が多くなるとその分、電話の待ち時間が増えてしまうのです。

楽天カードの太っ腹なポイントプレゼントのおかげで、問い合わせ電話は無料ではない、かは不明です。が、待ち時間には関係していそうですね。

8.カードの紛失・盗難の場合はこの番号へかけよう

楽天カードの紛失の場合は、全く違う電話番号が用意されています。

【国内】

0120-86-6910(年中無休・24時間対応・フリーダイヤル)

上記番号でつながらない場合、有料の以下番号におかけください。

092-474-9256(年中無休・24時間対応・有料)

【海外】

81(国コード)-92-474-9256(24時間対応)

※海外渡航先からコレクトコールで電話してください。

まとめ

楽天カードのコンタクトセンターへの電話番号は0570-66-6910で有料です。ガイダンスが流れている間も料金がかかるので、すぐに番号「0」を押しましょう。

つながりやすいのは、朝いちばんの9:30ジャストにかけるか、15~16時くらいの間です。楽天e-NAVIでも対応できる問い合わせであれば、お金と時間の節約ですのでオンラインで手続きしましょう。ポイントがざくざく貯まるメリットのある楽天カード。楽天カードでも、楽天銀行のように「チャット」問い合わせができるようになれば最高ですね。