楽天カードの入会ポイントを真剣に比較!最大ポイント&いつ付与されるか

楽天カードの入会ポイントを真剣に比較!最大ポイント&いつ付与されるか

楽天カードというと、入会時に5,000ポイントなど高額なポイントを特典としてもらえるカードとして有名です。気になるポイント数ですが、実際はどこのサイトで申し込むかにより何千ポイントも変わります。ですので、一度楽天カードを申し込んでから他のサイトを見て「こっちで申し込めばよかった!」と悔しい思いをする方もいるかもしれません。

そんな悲しいことがないよう、今回の記事では「楽天カードに入会する際、どのサイトを経由するのが一番得なのか?」を真剣に考えてみました。是非、最後までご覧ください。 

1.【公式】ホームページから入会の場合

楽天カードの入会ポイントを真剣に比較!最大ポイント&いつ付与されるか

①新規入会&利用で5,000OR8,000P

最初に注意点です。楽天カードの特典ポイントの付与は5,000ポイントなどが一気に入る仕組みではありません。特典ポイントは①楽天カード新規入会と②カード利用と(③プレミアムカード入会)、という2~3段階に分かれており、もらえるタイミングも2~3段階に分かれているのです。ポイントの細かい付与タイミングについては、後述します。

楽天カードの公式ページでは、以下のリンクで随時キャンペーンの告知をしています。

 楽天カード|キャンペーン一覧

もらえるポイントは通常の場合で5,000ポイント、週末などのキャンペーン期間中は8,000ポイントとなります。どうせなら8,000ポイント欲しいですよね。今すぐカード発行されなくては困る!こんな方以外は、随時上記のリンクをチェックし、是非キャンペーン期間中に申し込みましょう。

②プレミアムカード入会&利用で10,000~15,000P

さて、年会費10,800円はかかりますが空港ラウンジを使いたい、ポイントをガッチリもらいたい、という貴方は楽天プレミアムカードに申込み&利用をしましょう。

楽天プレミアムカードの新規入会ご案内

通常の楽天カードより審査は厳しくなりますが、楽天プレミアムカードには新たに「送料分相当をポイント還元する」楽天市場の特別会員プログラムが特典として加わりました。楽天市場利用時の送料が実質無料となるため、ユーザーであれば十分元は取れます。(初年度無料。2年目以降は別途プログラム利用代金3,900円が必要)楽天市場がamazonに似てきていますね。その他、国内・海外旅行傷害保険がそれぞれ最高5,000万円までついています。

③ゴールドカード入会&利用で6,000~11,000P

楽天カードの入会ポイントを真剣に比較!最大ポイント&いつ付与されるか

「プレミアムカードの年会費が高すぎる!国内旅行の保険はいらない」という方には、年会費2,160円のゴールドカードはいかがでしょうか?年会費2,000円台でゴールドカードを持てるなんて、なかなかないですよ。

楽天ゴールドカードの新規入会ご案内

楽天ゴールドカードのメリットは、年会費が据え置きなのに空港ラウンジが使えるという点です。また、年会費はプレミアムカードと比べ8,000円ほど安いのですが、ショッピングポイントの差があまりないので隠れた穴場カードです。

その他の詳細については、当サイトの既存記事(楽天カードをゴールドに切り替え!審査・限度額・ポイントはどうなる?https://money-kyokasho.com/card/1987/)も是非ご覧ください。

④紹介ポイントは2,000P。入会者にメリットなし

「楽天カード作らない?」と友人・家族からLINEやメールでリンクを送信されて入会すると、もらえるポイントは2,000ポイントです。もらえないよりはいいですが、楽天カードの公式ページから入会した方が高額ポイントですので、厳しいようですが、正直入会者側のメリットはあまりないと言えるでしょう。

楽天カードの紹介については、当サイトの以下既存記事も是非ご参照ください。

楽天カードの紹介!みんなが知りたいポイント反映&紹介者ID

⑤ポイントはいつどのように受け取れるのか

楽天カードの新規申込でもらえるポイントは3段階でもらえるとご紹介しました。いつどのようにもらえるかを、分かりやすく以下の図でまとめましたのでご覧ください。

楽天カードの入会ポイントを真剣に比較!最大ポイント&いつ付与されるか

2.ポイントサイトを経由する

楽天カードの入会ポイントを真剣に比較!最大ポイント&いつ付与されるか

 

クレジットカードの申込みで破格のポイントをもらいたいのであれば、ポイントサイトを経由するのは王道の手法です。どのサイトの入会ポイント数が多いのか?早速みてみましょう。

①PeXの場合:500円分追加できる

PeXはPoint Exchangeの略で、様々なサービスからポイントを貯めて交換できる、いわゆるお小遣いサイトです。PeXに無料会員登録をすると、ゲーム・アンケートなどのアクションで各1~5ポイントの少額ポイントを稼ぐことができますが、一番高額なのはズバリ、クレジットカードの申込みです。

楽天カードの公式ページから新規入会と利用をしても現在5,000楽天ポイントはもらえますが、PeXを経由するとさらに追加で最大5,000PeXポイントを受け取ることができます。

ポイント交換のPeX

もらったPeXポイントは、楽天Edyやnanaco、Tポイントという大御所ポイントに交換可能です。例えば、5,000ポイントを楽天Edyに交換する場合、1,000PeXポイントは100円分として換算されるので、500円分の価値となります。

②ファンくるの場合:楽天カードが出るかこまめにチェック!

ファンくるは、覆面調査・ミステリーショッパーを募るサイトで有名ですがクレジットカードの作成でも高額ポイントがもらえます。

覆面調査ミステリーショッパーのファンくる

前述のPeXの場合もそうですが、どのクレジットカードが対象になるかは随時変わります。こまめにファンくるをチェックすると、NTTグループカード作成で謝礼9,000円、など1万円分相当のファンくるポイントがもらえる案件も探せます。

無料会員登録と利用でもらえるファンくるポイントは、手数料は引かれますが現金に交換することができます。

③【最多】ポイントインカムの場合:1200円分追加できる

ポイントインカムはPeXとファンくるを足して2で割った印象のポイントサイトです。PeXのようにゲームやアンケートで少額ポイントを稼ぐこともできますし、飲食モニターの「トクモニ」でオトクに食事することもできます。

ポイントインカム

ポイントインカムを経由して楽天カードを作成すると、例えば現在は12,000(ポイントインカム)ポイントをGetできます。ポイントインカムからもらったポイントのか交換レートですが、10ポイント=1円です。ですので、12,000ポイントは,200円の価値となります。

④ポイントサイトを経由したポイントは付与まで数か月かかる

どのポイントサイトでも言えることですが、以下のようにポイントの付与まで時間がかかるのがデメリットです。

  • PeX・・・申込みから30日程度
  • ファンくる・・・申込から通常2か月。場合により半年ほど
  • ポイントインカム・・・申込から約2か月

しかし、元々タダでもらえるポイントです。「気が付いたら付与されてた!」くらいの気構えで、ポイント付与までゆったり気分で待ちましょう。

⑤ポイントサイト経由の場合には、1ポイント=1円と思わないコト

よく勘違いされる方が多いのは、楽天カードの新規入会ポイントで5,000円分、そしてポイントサイト経由のポイントが7,000ポイントなので、以下のような計算で12,000円分のポイントがもらえる!というポイントの換算率です。

楽天カードの入会ポイントを真剣に比較!最大ポイント&いつ付与されるか

当たり前ですが、ポイントは全て1ポイント=1円ではありません。しかし、このトリックにひっかかり高額な現金がもらえると考え飛びつく方もいます。ポイントサイトでは、交換率をよくみて現金ににするといくらになるのか計算しましょう。

3.個人のアフィリエイト(ブログなど)を経由する

楽天カードの入会ポイントを真剣に比較!最大ポイント&いつ付与されるか

楽天カードについて調べていると、個人の方が書いているブログやクレジットカードの比較サイトなどを目にすることが多いと思います。その中で、「当ブログに貼られたリンクから楽天カードに入会すると、〇〇ポイントがもらえてオトクです」というような文言です。

これについても、ポイントがもらえる仕組みはポイントサイトと変わりません。ポイントサイトのように個人の方が楽天カードの良さを文章でアピールし、そこに貼られた楽天カードの広告をクリックすると入会者にも個人の方にもお金が入るという仕組みですね。

場合によっては、ポイントサイトより高額なポイントをもらえる可能性もありますが、個人のブログなどはポイントサイトよりも「今も運営されているのか」「何かあった時の問い合わせ先はあるのか」などの信用度をチェックする必要があります。

ブログ記事の「いいね!」の数が200以上ある、記事が定期的に更新されている、などの場合は、信用度は高いでしょう。しかし、ポイントサイトの方が個人情報の保護に取り組んでおり、安全面では格上です。ご自身の責任で申込みをしてください。

まとめ

楽天カードは公式ぺージから申し込むより、ポイントサイトを経由した方が付与まで時間はかかりますが、追加のポイントがもらえてオトクなことがわかりました。個人作成のブログやクレジットカードサイトについては、安全度をチェックした上で利用した方が無難でしょう。