今手元にお金がなくても1年で100万円お金を貯められる方法

今手元にお金がなくても1年で100万円お金を貯められる方法

投資・FX・株などでお金を増やしたいけれど、日々の生活で精いっぱい!こんな方はいませんか?せっかく稼いだお金を使うor貯金だけではもったいない。

今年は、手元にお金がなくても1年で貯金100万円を達成しませんか?具体的で楽しく続けられる方法をご紹介します。

1.お金の引き出し方法を変える

①給料日に来月使えるお金を全て引き出す

お金を貯めるのは当たり前ですが、以下の図のように「収入-支出=剰余金」としてお金のやりくりから出る余剰金があるかどうか。これが全てのスタート地点です。

今手元にお金がなくても1年で100万円お金を貯められる方法

 

まず、剰余金(じょうよきん)が毎月出ない方は残念ながら毎月赤字という状態です。この場合、生活のお金スタイルが以下の3つのパターンに当てはまるでしょう。

  1. 収入が著しく少ない(世帯月収13万円以下など)
  2. 支出が著しく多い(月収20万円で食費が5万円など)
  3. 積立貯金をしていない(余ったら貯金しよ~、というタイプ)

収入が著しく少ないのであれば、まず最低20万円程度に収入を増やすよう努力しましょう。健康なのであれば時給・月給のよい仕事に変える、副業で追加収入を得る方法があります。または、現在の仕事で給料をあげるように資格をとる、リーダーになる、という正攻法もあります。

支出が著しく多いのであれば、節約しましょう。まずは何にお金を一番使っているのか?分析する必要があります。家賃なのか?食費なのか?光熱費なのか?携帯代なのか?数か月かけてもいいので、現在のご自身の生活スタイルを冷静に分析することから始めましょう。

積立貯金は、全ての貯金の第一歩です。「余ったら貯金しよ~」方式で貯金できているなら、今手元に貯金があるはずです。今現在貯金が30万円以下なのであれば、まずは積立貯金をすぐにでも開始しましょう。

②しょっちゅうATMでおろす習慣を止める

コンビニATMは便利ですが、頻繁にお金をおろすのは貧乏のモトです。ATMを使うには利用手数料がかかります。よく言われている事ですが、自分の貯金を引き出すのにお金を払うのはもったいないですね。

また、「ATM利用手数料かからない時間帯に下ろしてます」という方でも、頻繁にお金をおろしていると今いくら使っているのか分からなくなります。お金を貯めるのに、今月いくら使っていてあと何円使えるのか、というお金の収支の肌感覚は非常に重要です。

2.定期的に給料を隠す

今手元にお金がなくても1年で100万円お金を貯められる方法

さて、毎月の給料をもらったらまずはその日に給料を隠してしまいましょう。「え?どういうこと?」と思われるかもしれませんが、これはお金が貯められない人のお金の貯め方の基本です。

①じぶん銀行の定額自動入金は使える

今手元にお金がなくても1年で100万円お金を貯められる方法

給料日にお金を受け取ったら、それをまずは家賃、光熱費、携帯代などの固定費を差し引いたお金を隠すことです。図をご覧ください。

毎月の給与が24万円のAさんの場合、固定費は8万円です。(保険は未加入)給与のうちの20%である4万8千円は給与受取り銀行の口座で積立しています。

残り11万7千円から、①食費②交際費③娯楽費④教育費、などを支払います。筆者の場合は、④教育費以外を一緒にして4週間分の4で割った金額を1週間で使う、という方法で運用しています。教育費(習い事)が0円の場合は、11万7千円を4で割った2万9250円を1週間で使えるお金とします。

また、クレジットカードを使っている方はこの11万7千円からカード利用代金を差し引いたお金を4で割るといいでしょう。税金の支払いや冠婚葬祭などの緊急用のお金も差し引くのがベストです。できれば、11万7千円を4で÷割る前に毎月の緊急用のお金を5千円程度、積立貯金とは別の口座に隠しておきましょう。こんな時、じぶん銀行の定額自動入金は便利です。

②貯金用口座はできるだけ下ろしにくい銀行で作る

積立貯金の口座を持っていてもしょっちゅう下ろしていては意味がありません。できれば、地方銀行でスマホやPC非対応の積立貯金をしておけば、魔がさしてお金をおろしたくなった時でもすぐに解約することは不可能です。ITの利便性を逆手にとる手法です。

さらに、地方銀行で金利が高いものがあればベストです。例えば、トマト銀行ももたろう支店というネット開設できる口座では現在定期預金1年もので0.25%と高金利です。ゆうちょ銀行の金利が0.001%ですので単純に考えると25倍の金利ですよね。しかし、口座を解約するには31日前から解約予約をしなければいけないという不便さ。最高です。

トマト銀行ももたろう支店Q&A

3.何にお金を使っているか分析する

何にお金を使っているのか、その額は収入に対して適正なのか、適正でない場合どのように減らすのか、と毎月のお金の使い方を振り返ることは非常に重要です。家計簿をつけても成功したためしがない、という方は、スマホで手軽に家計を管理できる家計簿・貯金アプリを利用してはいかがでしょう。貯金アプリについては当サイトの以下既存記事も是非ご参照ください。

貯金アプリでおすすめってある?話題の貯金アプリ6選

貯金アプリでおすすめってある?話題の貯金アプリ6選

4.支出を減らすための5つの工夫

今手元にお金がなくても1年で100万円お金を貯められる方法

収入を増やせないのであれば、必然的に支出を減らす必要があります。支出を減らすとは、つまり節約。節約についての知識はどんな人でも持っているとは思いますが、こちらでは定番の節約術をご紹介します。

①家賃を安くできないか検討する

節約で一番効果的なのは、固定費という家賃や光熱費など給料の中で一番多く支払っている部分を減らすのが1番です。「今までコンビニで買っていたチョコレートをドラッグストアで買ったから、20円安くなった」というのも節約ですが、「9万円の家賃のところを引っ越し7万円になった」場合、それだけでひと月2万円も節約です。

②食費を安くするための工夫とは

食費は工夫次第で簡単に安くできます。まず、外食が多い方は自炊を増やしましょう。週の始めに野菜や肉などをまとめて買えば、それを腐らせないように家で自炊をする癖がつきます。外食とは、コンビニなどでお弁当やパンを買うことも外食です。外食は楽しいものですが、友人や家族と行くもの、月に何回まで、と制限を決めて実行すれば、食費の支出は減ります。

③ラインペイは還元率2%と高還元率のプリペイドカード

ポイントカードでポイントを貯めることも節約の一種です。気を付けたいのが、ポイント欲しさにいらないものを買わないという事。元々買う必要のある日々の食材や飲み物、文房具、菓子、などは、どうせ買うならポイントをつけてもらいましょう。

今高還元率と評価の高いカードは、ラインぺイ。ローソンやセブンイレブンで使えるプリぺイドカードですが、100円につき2円(2%)という高還元率でザクザク貯まるカードです。

ラインペイ

④携帯を格安SIMに変える

携帯代で何万円も払う時代は終わりました。楽天モバイル、DMMモバイル、mineoなどの格安simを使えば携帯代が大手キャリア(ドコモなど)と比較し、最低でも60%ほど節約できます。

以前は格安simを躊躇していた方も、最近では通信料の安さにひかれ続々と格安simに移動しています。筆者も、ドコモ、au、ソフトバンク、y!mobileの大手キャリアを経て現在は格安simで生活しています。なんの不便もなく、快適に使っています。

⑤ペットボトル代はバカにならない

出先ですぐにペットボトルを購入する人は、1か月にいくら使っているのか計算してみると驚くことでしょう。筆者の場合、なんとひと月に6千円もペットボトルや缶コーヒーに使っていることがわかり、すぐに生活を改めました。

完全に水筒での生活、というのはムリでも、一日に〇本まで、という制限をかけることは重要です。ペットボトル生活を改めることはエコにもつながります。

5.副収入で楽しく収入を増やす

①楽しく継続できるものを選ぶ

副収入は、しんどくて割に合わないものは続かないので選ばないことです。楽しくて高収入を選びましょう。例えば、ライティングやアフィリエイトなどのお仕事はいかがでしょうか?

月収10万稼げる!副業ランキング

②週1~2でできるアルバイト

週1~2でできる日雇いアルバイトは、当サイトの以下既存記事でまとめています。

とにかく急いでお金を稼ぐ方法!金欠から抜け出す方法8つ~男編

女性の場合は、覆面調査員、ドラッグストアラウンダーなどが楽しく継続できますよ。

③在宅でできるアルバイト

在宅でできるは、当サイトの以下既存記事でまとめています。

在宅でスマホがあればできる副業まとめ!

在宅でスマホがあればできる副業まとめ!

まとめ

お金を貯めたいのであれば、一攫千金を目指すよりコツコツと収入-支出=剰余金を増やし運用することです。日々の積み重ねや工夫でお金は大きく変わります。剰余金がある程度貯まった方は、日本政策金融公庫からお金を借りて、自身でビジネスを立ち上げてもっと大きく増やす、という目標も目指しましょう。