将来のために資産形成!資産運用との違いは?

将来のために資産形成!資産運用との違いは?
将来のために資産形成!資産運用との違いは?

【資産形成】という言葉をご存知ですか?

資産形成は、今後のあなたやあなたのご家族の資産を守るためにとても重要です。

今回は将来の資産のために大切な【資産形成】についてご紹介します。

1.資産形成ってなに?

将来のために資産形成!資産運用との違いは?

資産形成は、将来の為に「お金を増やすための資産を形成する」ことを指します。

もし将来のための資産形成をしていなければ、現在健康に仕事をすることができても、60代・70代と年齢を重ねるごとに将来の生活に不安を感じることが増えるでしょう。

将来の不安を解消するためにも、お金を増やすための資産を今から形成しておくことが大切です。

ここで注意していただきたいのが、将来お金を増やすための資産を増やす必要があるという点です。家や車を何個も購入して、資産を確保した気持ちになってしまっていませんか?

家や車を所持していても、将来的にお金を生み出す資産にならない可能性があります。

では、どのようにして資産形成を始めれば良いのでしょうか?

よく耳にする資産運用とは何が違うのでしょう?

2.資産運用と資産形成の違い

多くの方が資産運用という言葉を聞いた事があるでしょう。

今回ご紹介する資産形成との違いを知っていますか?

将来のために資産形成!資産運用との違いは?

資産運用とは、今現在運用することができる資産がすでに形成されている方が、株や不動産を購入し投資をすることで現在の資産を減らさずに増やしていくことを指します。

資産形成では、今運用可能な資産がない方が運用のために貯蓄を増やすことを指します。

将来のために資産形成!資産運用との違いは?

ご自身の経済状況や将来設計によって差がでますが、1,000万円までは資産形成の段階であるといえるでしょう。

1,000万円の資産なんて貯められない!と驚きましたか?

しかし、ご家族がいる場合やそうでない場合であっても、すぐに利用できる金額・将来の生活のための金額・ピンチの時に使える金額など分けて考えると1,000万円は必要であると納得できます。

3.資産形成を始める前に・・・

資産形成を開始する場合、いくつか設定しておくべきポイントがあります。

将来のために資産形成!資産運用との違いは?

(1)資産形成の目的は?

将来のために資産形成!資産運用との違いは?

なぜ資産形成を始めるのか、目的を考えましょう。

退職後のご自身とご家族の生活のため、資産運用で収入を得るためなど、資産形成をすることを最終目的に設定するのではなく、資産形成によって得た資産をどのように利用したいかを目標に設定することが大切です。

また、一攫千金で短期的な資産形成を目指すのではなく、長期的・計画的な資産形成をしましょう。

(2)長期的な資産運用計画を立てよう!

将来のために資産形成!資産運用との違いは?

資産形成の目的を設定したら、形成した資産をどのように運用するか計画を立てましょう。

しかし、ここで注意が必要なのは、「短期投資」ではなく「長期投資」によって資産運用の計画を立てることが重要という点です。

資産形成の目的を早く達成するため、短期投資をして一気に資産を増やそうとする方も少なくありません。しかし短期投資は初心者には難易度が高く、失敗してしまうかもしれません。

短期投資を繰り返し失敗が続くとことで、せっかく形成した資産を短期投資で全部失ってしまうこともあるのです。

形成した資産を上手に運用するために、長期投資をして情報収集をしながらコツコツと資産を増やすことが可能な資産運用の計画を立てましょう。

4.資産形成を始めるタイミングはいつ?

多くの方に資産形成に適した時期がくると言われています。

就職したばかりの方では、なかなか毎月決まった金額を貯金していくことは難しいかもしれません。

将来のために資産形成!資産運用との違いは?

資産形成に充てるお金は、収入から生活に必要な金額を引いて残った部分です。

これから先の長い人生計画の中で、収入から必要な金額を引いても十分に資産形成のための収入を得ることが可能な時期がやってくるでしょう。

無理をせずに計画的に毎月設定した金額を貯めることが可能になったときが、資産形成を始める時期に適していると言えます。

5.資産形成で貯めた資産を運用しよう

資産形成によって貯めた資産を運用しましょう。

資産形成は「運用するための資産の貯蓄」、資産運用は「貯蓄した資産を増やすための運用」です。せっかく形成した資産を運用せずに貯蓄するだけでは、将来ご自身の資産を増やすことはできないでしょう。前述のとおり、形成した資産を失くしてしまうリスクを減らすため、運用は「長期投資」で行います。

まとめ

今回は資産形成についてご紹介しました。

資産形成は、将来資産を運用しお金を増やすために必要な要素です。

退職後に収入が亡くなった時に手元の貯金だけで生活していくことには不安もあるでしょう。ですから今元気に働けるうちから資産形成をし、資産運用をしてお金を増やすことで将来の不安を軽減しましょう。

まず、現在の収支を見直し資産形成に回せる金額がどれくらいなのか確認することから始めることをオススメします。