お金を貯める方法は人によって違う!学生、主婦、会社員の場合

お金を貯める方法は人によって違う!学生、主婦、会社員の場合

お金を貯める方法は人それぞれです。

理想論を言えば、

「無駄遣いをせず」

「予算を決めて守り」

「毎月たくさん貯金」

をすれば、お金はみるみる貯まることでしょう。

しかし、ストレスを買い物で発散するタイプの人に節約は苦痛でしょうし、予算を決めると言っても何から手をつけたらいいか分からない方もいらっしゃいます。

今回の記事では、学生や主婦、そして会社員向けのお金の貯め方を伝授いたします。 

1.そもそも何故お金を貯めたいのか?

お金を貯める目的はなんでしょうか?その目的は、だいたい以下の4つに集約されるのではないでしょうか?

  • ①今現在使うためのお金が足りないから(生活費の不足)
  • ②お金があると、何かあった時に使うことができる(危機管理)
  • ③今は買えない高額なものを買いたい。海外に行くためのお金を貯めたい(自己実現)
  • ④将来、働けなくなった時のための生活費を貯めたい(将来設計)

このように、理由があってヒトはお金を貯めたいのです。この目的の中で、優先度が高いのは①生活費の不足と②の危機管理です。今現在、毎月の生活費が足りないのに将来のための留学費用を積み立てるのであれば、それは本末転倒です。

また、まだ十分に働ける年代で将来の心配ばかりしているのも、今この瞬間を存分に楽しめない原因になるのではないでしょうか。

お金を貯める方法は人によって違う!学生、主婦、会社員の場合

このように、お金を貯める優先順位としてはまず毎月の生活費がしっかりとプラスになっているのが大前提です。

次に、危機管理として何かあった時のためのお金を貯める必要があります。

危機管理としては、貯金だけではなく保険を利用するのもよいでしょう。

なぜなら、今はネットの普及でSBI生命のクリック定期!やクレジットカード付帯の保険など、月額500円程度の格安保険が充実しているからです。お子さんがいるご家庭で保険料が生活費を圧迫しているのであれば、このような格安保険に切り替えることも大きな節約になりますよ。

 2.学生のお金の貯め方

お金を貯める方法は人によって違う!学生、主婦、会社員の場合

学生は勉強に部活にバイトにと大忙しですよね。しかし、通学時間や家に帰ってから就寝するまでに時間が使えるはずです。 お手持ちのスマホを使って、お小遣いアプリから稼ぐことが可能です。

https://money-kyokasho.com/money-savings/875/

アプリのお金稼ぎは危険?お小遣いアプリの仕組みとおすすめアプリ

お小遣いアプリや貯金アプリについては、当サイトの人気記事を是非ご覧ください

筆者は既に学生ではありませんが、学生時代にもう少しお金を貯めておけばよかったと激しく後悔しています。学生のあなたの強みは、なんといっても「若い」こと。お金は短期間に高額を稼ぐのは、ギャンブル性が高いので実現が困難ですよね。しかし、お金を長期間にコツコツ貯めるのは、どんな人でもできるのです。

お金を貯めるスタートが早ければ、それはお金を貯めるのに成功したようなものです。10万円程度貯まったら、今度はその一部を使ってFXや投信を始めてはいかがでしょうか。経済学部の学生さんであれば、投資は実際的な勉強にもなるはずです。海外では若者も積極的に投資をしています。特にイギリスでは、教育として投資を早くから子供に学ばせています。

【まとめ】

学生はポイントサイトでコツコツ稼ぎましょう。早いスタートは、お金を貯める成功につながります。10万円程度貯まったらその一部で投資をスタートしましょう。経済の勉強になります。

3.主婦のお金の貯め方

主婦はブログを書くのが上手な方が多いのをご存知ですか?特に、子育て・育児系のブログや漫画はとても人気があり、人気ブログのアメブロでも多数見かけられます。

その他のお金を貯める方法としては、主婦の経験を生かした方法です。例えば、副業で英会話講師をする、ヨガのインストラクターをする、など。専業主婦の方でも、楽しみながら自分のスキルを活かして稼ぎ、稼いだお金の一部は高金利の銀行やデパートの旅行積立などに充てましょう。

その他の方法は、以下当サイトの既存記事にてご紹介しています。ぜひご参照ください。

主婦の稼ぎ方がスゴイ!ネットオークションからアンケートモニターまで

【まとめ】

主婦は自分の特技を生かして、ブログや英会話講師などで稼ぎましょう。特技がない方は、ネットで細かく稼ぐことができます。旅好き主婦に人気のあるお金の投資先は、利率のよいデパートの旅行積立です。

4.会社員のお金の貯め方

会社員の方で副業しているかたは、たくさんいます。「え?会社って副業禁止じゃないの?」もちろんそうですが、YouTubeの動画投稿やブログ運営まで禁止する会社はないのではないでしょうか。カメラが趣味の方は、PIXTAなどの写真投稿サイトでお金を稼ぐこともできます。

また、会社員で100~300万円程度コツコツお給料を貯められた方には、ぜひ投資をお勧めします。「仕事が忙しくて、株価を見ている余裕がないよ」「何から始めたらいいかわからない」こんな声が聞こえそうですが、最近話題のAI搭載のロボアドバイザーが実施する投信であればお手軽です。

THEO|ロボアドバイザーでおまかせ資産運用

※上記URLをクリックすると、THEOの公式サイトへリンクします

ロボアドバイザーの資産運用には賛否両論ありますが、筆者の感想としては「300万円ぐらいを一喜一憂せずに長期で預けていればだいたい増える」と思っています。THEOのポートフォリオ(投資の構成)は海外のETF株が中心ですので、為替レートがドル高の時に資産を預入するのがベストです。

【まとめ】

時間のない会社員にはロボアドバイザーによる投信がオススメ!趣味を生かして、写真投稿やYouTubeで稼いでいる人もいます。

5.お金を貯めるには貯金だけなのか?

お金を貯める方法は人によって違う!学生、主婦、会社員の場合

お金を貯める方法ですが、昔は給料の一部を銀行に積み立てる、という方法が代表的でした。いえ、一部知識のある人は投資や不動産の購入などで資産を増やすことを積極的にしています。しかし、銀行に預け入れる以外のお金を増やす方法は若者や主婦層にはなじみのないものでした。

今はネットの普及、そして日本経済の長期低迷のため、投資や節約術が一般的になっています。今20代の方でも、ポイントサイトを駆使して確実に現金を増やしている方もいらっしゃいます。60代の方でも、趣味を生かしてブログ運営で広告収入を得ている方がいらっしゃいます。お金を貯める方法は、このように貯金だけではありません。まとめると、以下の方法でお金を貯めることが可能です。

・ポイントサイト(手持ち資金:0円)

数あるポイントサイトでアンケ―ト、ゲーム、ショッピング、クレジットカード作成などのアクションを実行→もらえるポイントを現金に交換する

・投資(手持ち資金:1万円くらいから)

今現在使わないお金を証券会社やFX会社でFX(為替)や投信(投資)に預け入れ、お金を増やす。預けるタイミング次第でお金が減るリスクもあるため、毎月少額を定期的に積み立てる積立投信がオススメ

・貯金(手持ち資金:1万円くらいから)

当たり前ですが、預け先の銀行やプランによりもらえる金利は異なります。とりあえず近所にあるから都市銀行(みずほ銀行、三井住友銀行など)の口座を給与振り込み用に作るのもいいですが、貯金用にはぜひ金利のよい銀行(イオン銀行、じぶん銀行、住信SBIネット銀行)の口座を利用しましょう。口座は1つだけでなく、危機管理用、自己実現用、と複数持つことで無駄遣い防止になります。

・不動産(手持ち資金:300万円くらいから)

不動産投資も昔からあるお金を増やす方法です。不動産を持っているだけで毎月働かずお金が入るなんて、夢のようですよね。しかし、不動産に関してはしっかり勉強をしないと、損をする場合も多々あります。初期投資額が大きい分、損する時のリスクも大きいのです。最近では、「頭金0円で年間3,000万円が手に入る」などの過剰広告が目に余ります。ラクして大金を稼げる方法はないのです。

まとめ

お金を貯める方法は人それぞれです。お金が貯まる記事や本を読んでも、実際にお金が貯まるかはその後のあなた次第です。あなたに合ったお金の貯め方を試行錯誤すれば、きっと自分に合ったお金の貯め方を見つけられるでしょう。