夫婦の生活費!平均はどれくらい?

夫婦の生活費!平均はどれくらい?

夫婦で暮らしていると、お互いのお金の価値観により「使いすぎた」「使いすぎてない」と言い合いになることはありませんか?例えば、夫の趣味や妻の交際費は、他の夫婦はどのくらいかけているのでしょうか?

夫婦の生活費の平均を知ると、今後の生活費の目安になることでしょう。

今回の記事では、夫婦の生活費の平均と理想について解説します。 

1.【年代別】世帯の生活費は40歳未満か以上で差が出る!

総務省統計局の平成28年の家計調査によると、40歳未満の生活費は1世帯あたり1か月平均26万1,490円でした。

この額は、40歳を超えると以下のように推移しています。

 <年代別1世帯あたりの1か月の平均生活費>※引用:平成28年総務局統計局・家計調査

40~49歳:31万5,651円

50~59歳:34万2,952円

60~69歳:27万7,283円

70歳~:23万8,650円

この数字から、世代別の平均生活費は50代でピークを迎え、それ以降はなだらかに下降していると言えるでしょう。

50代までにある程度の貯金をしておかないと、60代以降は多くの方が年金暮らしを開始するため、生活レベルを落とさなくてはいけないという事態に陥ります。

 2.【年収別】年収580万円未満は平均26万円

生活費の目安は、年代だけでは正確には測れません。年齢を重ねても、思うように昇給しない、転職を繰り返している場合は、年齢が上がっても給料は据え置きとなってしまうからです。

というわけで、続いては平均支出を年収別という観点で調べてみました。

 <年収別1世帯あたりの1か月の平均生活費>※引用:平成28年総務局統計局・家計調査

~449万円:21万1,237円

449~582万円:25万8,229円

582~722万円:29万4,419円

722~903万円:34万2,151円

903万円以上:44万1,919円

年収580万円未満の場合、1か月の世帯生活費は約26万円です。年収450万円未満の場合は約21万円約5万円の差が出ます。

共働きではなく夫のみが会社員という場合、20~30代であれば年収450未満の世帯も多いのではないでしょうか。

月に21万円を目安にした支出を目指すように、節約や副業でお金のやりくりをしたいものです。

 3.【項目別】何にどのくらい使ってる?年収別支出額の平均

では、次に何にどのくらいのお金を使っているのか、覗いてみましょう。

<年収別:項目別支出額の平均>※引用:平成28年総務局統計局・家計調査

~449万円 449~582万円 582~722万円 722~903万円 903万円以上
家賃 40,733 63,525 85,135 113,982 188,005
食費 57,521 66,213 73,835 80,401 95,878
住居 22,014 17,057 20,430 14,793 20,015
水道・光熱費 18,605 19,591 20,830 21,484 23,138
家具・家事用品 7,278 8,851 10,656 12,236 15,249
被覆および履物 7,089 9,682 12,455 14,630 21,639
保険医療 8,448 9,975 10,756 11,658 15,639
交通・通信 31,619 45,323 44,897 54,787 67,364
教育 6,478 12,891 16,840 25,024 36,827
教養 16,847 23,159 28,926 34,260 47,473
交際費 10,785 13,622 15,828 20,087 25,548

この数字を見ると面白いのは、年収が代わってもあまり変化のない数字があることです。

例えば、水道・光熱費。年収~449万円と903万円以上と年収500万円も違うのに、たった5,000円しか支出は変わりません。

対して、差が大きく出ていると思われる項目は被覆および履物教育費。特に教育費は年収~449万円と903万円世帯ではおよそ6倍の違いがあります。

上記の表はあくまで目安です。個人的に見ると「この項目にこの金額?」と不思議な数値も含まれています。

例えば、交通・通信。これには自動車のガソリン代携帯電話代が含まれますが、自動車に乗らない都心に住む世帯はこんなにかからないと思います。

しかし、これらの数字から何万円も超えている支出をしている場合は、やはり「使いすぎ」と言えるのではないでしょうか。

4.使いすぎを防ぐには

夫婦の生活費!平均はどれくらい?

使いすぎを防ぐには、その他の項目の支出を抑えてバランスをとる方法があります。

例えば、年収~499万円なのに月に洋服を5万円使っているのであれば、明らかに使いすぎでしょう。その場合は、住居費用を抑えてみるなど他の項目の支出を抑える工夫をしましょう。

それでもバランスがとれない場合は、その項目の支出を見直す必要があるでしょう。

5.夫婦の趣味を一緒にすると支出が減る?!

家賃や光熱費などの固定費は仕方ないとして、その他の支出は個人のライフスタイルに大きく影響します。

例えば、筆者の場合、子供が生まれる前の夫婦の趣味は海外旅行でした。しかし、子供が生まれ頻繁に海外旅行に行けなくなったため、別の趣味を模索しています。

夫婦個人のそれぞれの趣味も大切ですが、共通の趣味があると夫婦間のコミュニケ―ションの向上だけでなく節約にも効果があります。

夫はギターを買い、妻はフラダンスをする、というのでもよいのですが、夫婦で何か一つの趣味を見つけると、割引が使える場合もありますし、道具の貸し借りも可能です。

 まとめ

ご自身の使いすぎの項目は見つけられましたか?世代や年収によりますが、夫婦二人の平均生活費は27万円を目途にするとよいでしょう。

何にどれくらい使っているのかを把握するには、家計簿アプリも便利です。是非当サイトの以下の記事もご参照ください。

 貯金アプリでおすすめってある?話題の貯金アプリ6選