ふるさと納税で節税できる?お得な納税方法を知っておこう!

ふるさと納税で節税できる?お得な納税方法を知っておこう!

「ふるさと納税」についてどれくらい知っていますか?

お得になる?節税出来るの?

ふるさと納税のメリットとは?

1.ふるさと納税とは?

ふるさと納税を利用して納税することで、自分で選択した自治体に寄付することが出来ます。

ご自身の出身地だけでなく応援したい地域に寄付をすることで、お礼として自治体から特産品を受け取ることが出来ます。

また、自治体に寄付した金額から2,000円を引いた金額から算出した額が、翌年の所得税と住民税の納付額から控除されるメリットもあります。

寄付した金額から、自己負担分である2,000円を引いた金額が還付され振り込まれるわけではないので、注意しましょう。

2.ふるさと納税のメリット!

(1)特産品が貰える!

ふるさと納税をした地方自治体から、お礼として特産品を受け取ることが出来ます。

それぞれの自治体で金額ごとにもらえる特産品は異なり、豊富な種類の特産品から自身で選択することが出来ます。

「ふるさとチョイス」では地域やお礼の品、寄付金額等様々な条件でふるさと納税を絞り込むことが出来、自分の条件に合った商品を見つけることが出来るでしょう。

https://www.furusato-tax.jp/product_category.html

(2)所得税と住民税が控除される!

自分で選択した地域に寄付した金額から、自己負担分である2,000円を引いた金額が翌年の住民税と所得税から控除されます。

しかし確定申告をする必要があるので注意が必要です!

(3)好きな自治体を応援出来る!

ふるさと納税では好きな自治体に寄付することが出来ます。

また、複数の地域に寄付することも出来、寄付する金額は自由に設定出来るので少ない金額から初めてみてはいかがでしょうか?

(4)クレジットカードで支払い可能!

ふるさと納税の中の多くはクレジットカードでの支払いに対応しています。

ネットでその場で決済が出来、クレジットカードのポイントが貯まることもメリットの一つです。

3.控除額を計算してみよう

ふるさと納税をした場合、翌年に確定申告をすることで住民税と所得税から以下の金額が控除されます。

(1)所得税からの控除額

控除額=(ふるさと納税-2,000円)×所得税率

(2)住民税からの控除額

控除額=(ふるさと納税額-2,000円)×10%

(3)住民税からの控除額:特例分

特例分による額が住民税所得割額の2割を超えない場合、控除額は特例の計算式で求められます。

控除額(特例分)=(ふるさと納税額−2,000円)×(100%-10%(基本分)-所得税の税率)

4.ふるさと納税を申し込もう!

(1)寄付金額を設定しよう

いくら寄付するのか決定しましょう。

自己負担額が2,000円になるように自分に合った寄付金額を設定しましょう。

(2)どこに寄付する?

寄付先を決めましょう。

特産品事にふるさと納税を紹介しているサイトもあるので利用してみましょう。

(3)申込手続き!

ふるさと納税の申し込みをします。

各地方自治体のHPや窓口で申し込むことが出来ます。

それぞれの自治体で申込方法が異なるので、各自治体のHPで確認しましょう。

申込の際に、翌年の確定申告の手間を省略出来る「ワンストップ特例」に申込むことで、確定申告の手間が省くことが可能になります。

(4)寄付!

申込をした地方自治体に実際に寄付をしましょう。

振込やクレジットカードなど様々な方法で寄付することが出来ます。

クレジットカードを利用することで、クレジットカードのポイントを貯めることも出来るので、オススメです。

まとめ

ふるさと納税をすることで特産品をもらえたり、所得税や住民税が安くなったりします。

しかし、ふるさと納税は基本的に寄付なので、特産品などお礼の品を受け取ることが出来るメリットはありますが、お金を使って寄付をしているということを忘れないようにしましょう。