節約=ケチの時代はもう古い?ポジティブな節約とは?

節約=ケチの時代はもう古い?ポジティブな節約とは?

お金は節約すれば増えるのは知っている。

でも、苦労する節約やツライ節約はどうしても出来ない!という方もいらっしゃることでしょう(筆者もそうです)。

節約には、我慢や貧乏といったマイナスイメージがつきまといます。しかし、最近では「節約ポジティブ思考」というプラスの発想の言葉がネットでよく使われます。

これまでと違い、楽しくゲーム感覚でお金を節約出来る「節約ポジティブ」。一体どのような節約なのでしょうか? 

1.ポジティブ節約サイトが大人気!節約サイトとの違いとは?

節約=ケチの時代はもう古い?ポジティブな節約とは?

本サイトもそうですが、お金や節約に関するサイトはユーザー(見てくれる人)が多いものです。筆者もよく「ノマド的節約術」や「ANAとマイルのパパじゃない」といった大御所系の節約サイトをプライベートで参考にしています。

最近の流れでは、「ポジティブ」というキーワードで執筆されているママさんブロガーの節約サイトが目立ちます。家計簿やお弁当画像も公開されており、非常に参考になります。

ポジティブ節約サイトのポイントは、エコプチ贅沢です。

エコとは、自分のいらないものをメルカリやヤフオクで売る事。以前からある節約法ですが、「お金がないから売る」ではなく「物を大事にするから売る」といったポジティブな発想で考える方が増えています。

またプチ贅沢に関しては、以前から女の人は「わたしにご褒美」といって贅沢を定期的にする傾向があります。しかし、贅沢しすぎたらお金は貯まりませんよね。

ポジティブ節約サイトでは、プチ贅沢と称して駄菓子やフルーツの爆買いをして節約のストレス発散をしています。これはとても有効な考えです。

何故なら、節約は長期で継続するものですので、定期的にガス抜き(うさを晴らす)をするべきですし、駄菓子やフルーツならいくら爆買いしても負担は知れたものです。

2.節約ポジティブが生まれた背景は「節約疲れ」。

節約=ケチの時代はもう古い?ポジティブな節約とは?

節約をしていると、自分で自分の事を頑張っていると認識出来、気持ちのよいものですよね。逆に、お金に余裕がないのに散財してしまうと、お金を使って気持ちがよいはずなのに逆に罪悪を感じてしまいます。

節約すると気持ちよく、お金を使うと罪悪を感じる。こんな精神に近づいたら、少し要注意です。

何故なら、節約は距離の長いフルマラソンのようなもので、継続するものです。節約というマラソンで走り続けるには、水を飲んだり速度を調節したりして休憩することも必要す。

3.なぜ節約疲れは起きるのか?

節約=ケチの時代はもう古い?ポジティブな節約とは?

何故なら、本来の自分とは違う方法で節約をしているからです。

例えば、ポイントサイトを使った節約術があります。ポイントサイトを通じてショッピングなどをすると、他のポイントに交換できるポイントサイト特有のポイントが付与されます。

ポイント交換をするのに、ポイントA→ポイントBというシンプルな交換ではなく、A→C→D→Bといった間に別のポイントサイトを経由することでポイントを増やす方法があるのです。マメな方はよいですが、筆者のようにこの方法が面倒だと感じる方は少なからずいることでしょう。

他にも、好きなものをガマンするという節約。我慢は出来ても、その反動で翌月思いっきり散財してしまうことはありませんか?

自分に合った節約法でなければ、その節約は長くは続けられません。

節約ポジティブでは、無理なく自分に合った方法で節約することを推奨しています。

4.節約ポジティブと単なる節約の違いとは?

節約ポジティブとは具体的にどんな節約でしょうか?一般的な節約と比較してみましょう。

 【節約ポジティブと単なる節約の違い】

~よくある節約は~

  • 食費がもったいないから食べない、減らす
  • 結婚式は呼ばれても行かない
  • ポイントが貯まるから支払いは全部クレジットカード
  • 1円でも安いものを買う
  • 携帯のメアドが変わったら嫌だから、我慢して大手キャリアのスマホを使う

~節約ポジティブは~

  • 掃除をして出て来たいらない物をメルカリで売る
  • 使わないお金は積立投資をする
  • 食事は大事だから節約しすぎない!週に一度は友達と外食ランチ
  • 無料のビールはおいしい!企業のLINE友達追加でビールやチューハイをもらう
  • プチ贅沢でストレス発散!駄菓子やフルーツの爆買い

どうですか?意図的に節約ポジティブ側の文章を楽しそうにしているので当たり前ですが、節約ポジティブの節約には悲壮感はありません。

5.おすすめの節約ポジティブ法とは?

節約=ケチの時代はもう古い?ポジティブな節約とは?

エコの観点では、いらないものを売る、買わずにレンタルする、車はもたずにカ―シェアをする、などの節約ポジティブがありますよ。

ゲームのように楽しむ観点では、歩くだけでポイントがもらえるサービスをおすすめします。

au WALLETカードというクレジットカードでは、毎日の車や電車移動での移動距離に応じてポイントがもらえるauナビウォークというサービスを実施しています。この「歩く→ポイント」はダイエットにもなるのでいいですね。

他社でも、ドコモの「歩いてオトク」Tポイントの「あるくだけでTポイント」などのサービスもあります。

ポイントが貯まるので楽しい!と続ける人も増えています。

まとめ

ポジティブ節約は、楽しく無理なく、継続的に続けられるものやエコを視点にしたものを選びましょう。

いらないものを売る、歩いてポイントをもらうという節約法がおすすめです。