平均23万円?大学の受験費用は節約出来る?

平均23万円?大学の受験費用は節約出来る?

大学の学費は平均で年間100万円と言われています。この金額は多くの親御さんが既にご存じで、子供が小さい頃から学資保険や積立貯金で大学の費用として貯めています。

しかし、意外な盲点として注目したいのが、大学の「受験」費用です。学費のように目立つ費用ではないため、「試験を受けるだけだから」とその費用をあなどる方も多いのではないでしょうか。

大学の一般試験の受験費用は高額な家庭では35~50万円程かかり、平均費用は23万円と言われています。

受験をする大学の数を減らせば良いだけの話ですが、それでは受験に失敗した時のリスクが高すぎます。

今回の記事では、受験校を減らさず、上手に受験費用を節約するコツをお伝えします。 

1.意外に知らない!受験費用の種類について

「受験費用=受験料」だけだと思っていませんか?受験費用には、その他に願書を取得する費用(私大で1校1,000円)や遠方の場合の宿泊費交通費などのお金も必要です。

大学費用

これらの費用については、ギリギリになるまで想定していない親御さんが多いものです。学資保険に加入していても、受験費用まで含めたプランをたてている方は少数です。

お金の心配なしに気持ちよく子供に受験させるために、今から受験費用計画を練っておきましょう。

2.私立大学をセンター試験利用入試で受験し受験料を半額にする

平均23万円?大学の受験費用は節約出来る?

さて、どのようにして受験費用を安く抑えることが出来るのでしょうか?

受験費用は主に、国公立か私立かで大きく異なります。私大と比べると、国公立大学の受験費用はおよそ半額です。

受験費用を節約するには、センター試験を活用するのが一番です。

今や、8割の私大でセンター試験利用入試を採用しています。お子様の受験したい私大でセンター試験利用が出来るかどうか、まずはチェックしましょう。センター試験利用とは、センター試験での結果を見て出願出来る私大の試験方式です。

センター試験は地元で受けられるため、まず遠方までの交通費等(新幹線代、ホテル代)がまるまる節約出来ます。

以下の図は、平均的な大学の受験費用です。参考までにご覧ください。

【国公立・私立大学の平均受験費用】

センター試験利用入試 2次試験
国公立大学 3教科以上:18,000円

2教科以上:12,000円

1校:17,000円
私立大学 1校:35,000円 なし

ご覧いただいた通り、私大と国公立代の受験費用にはおよそ2倍の差があります。

「でも、国公立大学だって2次試験を受けたら私大と同じ受験費用だよね?」とお気づきの方もいらっしゃることでしょう。

その通り。国公立大学の受験費用は一見安く見えますが、実際は1度目の試験(センター試験)と2度目の試験(2次試験)の受験料をバラバラにしただけなのです。

しかし、私大をセンター試験利用で受験すればどうでしょうか?

例えば、私立大学を4校受験すれば受験費用は35,000円×4=140,000円となります。しかし、仮に私立大学の4校全てをセンター試験利用で受験した場合は、以下のように68,000円の節約となります。

 <私立大を普通に受験する場合>

35,000円×4=140,000円

<私立大をセンター試験利用で受験する場合>

18,000円×4=72,000円

※私大のセンター試験利用では2次試験は必要ないため、2次試験の受験料は含めていません

【私大の受験方法の違いによる受験料の差】

140,000円-72,000円=68,000円の節約です!

センター試験利用では、稀に個別試験を別に実施する私大があります。

個別試験は別の言葉で、併用型とも呼ばれます。例えば、2018年度法政大学の場合は個別試験がありませんが、中央大額の場合はセンター単独方式とセンター併用方式(個別試験あり)の2種類のセンター利用試験があります。

ひと昔前よりも現在の受験方法は多様化しています。受験方法によって受験費用も大きく異なるので、要注意です。

3.無駄な納付費用を省くために徹底した受験日程の管理をしよう

受験するには出願~入学手続きまで、さまざまな手続きが連なります。

お子様を浪人生にしないために複数の大学出願をするご家庭は多いと思いますが、日程を徹底して把握することは受験費用のコストダウンにも繋がります。

①受験スケジュールを作って、入学金の納付期限を把握しよう

よほどの頭の良いお子様でない限り、通常は安全校、チャレンジ校、一般校といったように複数の大学を受験します。

親御さんとして前もって把握したいのは、入学金の納付期限です。せっかく合格したのに、入学金の納付期限を過ぎて合格がパーになってしまった、なんて逸話もあるからです。

入学金の納付期限

受験計画を立てる前に、まずはネットや予備校などから情報を集め、無駄な入学金を払わずに複数の大学を併願出来るスケジュールを立てるべきです。

②受験校数はほどほどに

平均の受験校4~7校とされています。しかし、受験校数が多ければ多い程受験者の精神的・体力的負担も増加します。

特に、地元ではなく遠方での受験となるとお子様の疲労も倍になります。お子様自身が受験自体を楽しむタイプであれば別ですが、情報収集・学力アップなどの事前準備をすることにより無駄な受験校をカット出来ます。

4.<遠方の受験対策>クレジットカードのポイントを1年前から貯める!

平均23万円?大学の受験費用は節約出来る?

お子様の受験したい大学が遠方で交通費がかかるからと言って、受験をダメという親御さんはあまりいないですよね。特に、国公立大学や医学部など、どうしてもその大学でなくてはダメだという人生設計をされているご子息には、親として出来る限り応援したいものです。

交通費の節約は、JALカードビューカードなどの交通系クレジットカードを活用することで解決出来ます。

例えば、北海道大学を受験するのであればJALカードで飛行機のマイルを貯めましょう。通常は、200円のショッピングで1マイルが貯まりますが、年会費:3,000円(税別)のショッピングマイル・プレミアムに加入すれば100円で1マイルが貯まります。

ビューカードでも還元率は通常200円で1ポイントですが、きっぷ・定期券・回数券やビューカードでのSUICAへのチャージではポイントが3倍貯まります。貯めたポイントはびゅう商品券に交換でき、新幹線の切符代になります。

5.その他の受験費用の節約方法とは

「センター試験や全学部入試は難関だからうちの子には難しい」という親御さんは、受験費用の節約をその他の方法でお試しいただけます。

①インターネット割引

インターネットで出願出来る大学は増えています。私大の願書の取り寄せ費用が1校1,000円前語ですが、インターネット出願ではその費用を節約出来ます(国公立の願書取り寄せは原則無料)。

狙い目なのは、インターネット割引のある大学

チャレンジ校ではなく安全校や保険校の出願では、出来るだけ受験費用を抑えたいもの。

近畿大学ではインターネット出願は紙出願よりも3,000円の割引です。その他にも、東京電機大学中京大学でも実施しています。

②一度の受験で複数の受験が出来る学内併願&全学部(統一)入試

「子供を絶対に浪人させたくない」と親も子供もよくやりがちなのは、複数受験です。しかし、出願校が多ければそれだけ費用もかさみます。

明治大学や立教大学や日本大学のように、全学部入試を取り入れている大学を受験校にするのも一つの手です。

全学部入試とは、一度の入試で同じ大学内の複数の学部を一斉に受験出来る方式です。

明治大学の場合、1学部目の受験費用は35,000円ですが2学部目からは受験料が20,000円15,000円の割引が適用となります。

6.節約だけにとらわれてはダメ!受験費用を安くする際の落とし穴とは

私大のセンター利用試験や全学部入試の場合、受験費用は安く出来るのですが以下のような落とし穴があります。

  • 私大によっては、センター試験に追加して個別試験が必要な場合がある
  • 私大のセンター試験利用試験は募集枠が少なく、激戦区
  • 全学部入試は募集枠が少なく、激戦区

センター試験は私大の一般試験より、必要な学力は一回り上です。

また、センター試験では足切りラインという合格ラインが設定されています。合格ラインを越えられる学力がない場合、受験費用の節約のためのセンター試験利用は出来ません。

まとめ

大学の学費よりも目立たない受験費用。しかし、何も考えずに受験を進めた結果70万円もの費用がかかるご家庭も実際にあります。

出来るだけ安くするポイントは、センター試験や学内併願。遠方への交通費は、交通系クレジットカード利用で1~2年前からマイルやポイントを貯めて賢く利用しましょう。