子どもの教育費の平均はどれくらい?

子どもの教育費の平均はどれくらい?

子どもはお金に換えられない大切な宝物。そして、子どもには何不自由なくスクスクと育って欲しいと思うもの。親であれば誰しもがそのように願うものではないでしょうか。

とは言え、子どもを育てるには少なからずお金がかかります。子どもは可愛いものの、子どものお金の問題が親を悩ませるのもまた事実です。子どもにかかるお金は、成長するにつれ倍増します。特に大きいのは「教育費」です。

今回の記事では、子どもが生まれてから大学までに必要な教育費の平均、そして教育費を貯めるための対策をご紹介していきましょう。なお、便宜上ひと月単位で記載している教育費ですが、私立の場合は年間1~2回払いとなっています。 

1.保育園と幼稚園の教育費は毎月2~4万円ぐらい

子どもの教育費の平均はどれくらい?

保育園と幼稚園の場合、認可か認可外か公立か私立かという区別で教育費は大きく異なります。親が共働き夫婦の場合、幼稚園より保育園の方が給食費や延長保育料を含むので総じて費用は安く済みます

【認可保育園の平均教育費】※3歳児・東京都北区の場合

ひと月 1.5万円~2.5万円(1年で18万円)

【認可外保育園の平均教育費】※0歳児・東京都世田谷区の場合

ひと月 10万円~15万円(1年で120万円~180万円)

【公立幼稚園の平均教育費】※この他に給食費、PTA会費、教材費などがかかります

ひと月 1万円前後(1年で12万円)

【私立幼稚園の平均教育費】※この他に給食費、PTA会費、教材費などがかかります

ひと月 3.5~4.5万円(1年で42万円~54万円)

私立幼稚園認可外保育園の場合、自治体によっては別途助成金が支給されます。そのため、もう少し割安な教育費になる場合もあります。この中では、やはり認可外保育園の教育費が際立って高額ですね。

公立幼稚園の教育費は安いですが、延長保育がついていないお弁当であるという条件から専業主婦以外の家庭では祖母などの協力がないと現実に通わせるのは難しいことでしょう。

2.小学校の教育費は毎月2.5万(公立)~12万円(私立)ぐらい

小学校では、公立か私立かで大きく教育費用は変わり、私立は公立の5倍近くの費用です。

小学校一年生の時の平均教育費用は、公立でも私立でも入学時にさまざま備品を購入するため比較的高めです。そして、小学校2~3年生になると塾に通い出すお子様が増加します。

塾の費用も含めると、小学生でも教育費は割とかかるのが分かります。塾に通わせる可能性もあるので、あまり習い事の数を増やし過ぎないように気を付けましょう。

 【公立小学校の平均教育費】※塾の費用含む

ひと月 2.5万円(1年で30万円)※6年で180万円

【私立小学校の平均教育費】※塾の費用含む

ひと月 12万円(1年で146万円)※6年で876万円

やはり、私立の小学校って結構お金がかかるのですね!実際、通う期間も4年制大学以上の6年と長期ですので、総額で平均876万円という高額な費用となっています。

高額な費用を必要とする私立小ですが、私立小を選択するご家庭ではご家庭の事情やポリシーで私立小学校を選択しています。

私立小学校にしか出来ない外国語などのカリキュラムに魅力を感じる親御さんには、「習い事やお教室をたくさんさせるよりは安くつく」と考え私立小を選ばれる方もいらっしゃいます。

3.中学校の教育費は毎月3.8万(公立)~10.6万円(私立)ぐらい

子どもの教育費の平均はどれくらい?

中学校も公立か私立かで費用が変わりますが、小学校ほどの差はありません。公立中学校に3年間通った場合の平均費用はおよそ138万円に対し、私立中学校ではおよそ390万円およそ3倍の違いがあります。

【公立中学校の平均教育費】※塾の費用含む

ひと月 3.8万円(1年で45.6万円)

【私立中学校の平均教育費】※塾の費用含む

ひと月 10.6万円(1年で128万円)

中学校では学力の差が大きく開きます。英語も数学も、中学校で勉強嫌いになってしまった場合は、その後の高校でも何となく勉強についていけなくなる方も多いのです。

中学校から私立にする利点は、治安の良さ学力がある程度決まった集団で学べるという点がありますが、もう1つ。塾代が安く上がるという利点があります。

私立中では、放課後の補習フォローといった塾の代わりをしてくれる学校が数多くあります。

また、中学校では部活が盛んな学校かも親御さんやお子様の気になるポイントかもしれません。どうしても美術部や吹奏楽部に入りたいのに、近所の中学校では美術部や吹奏楽部が盛んではない。そんな方は、電車に乗り私立の中学校へ通うという選択をされるのです。

4.高校の教育費の教育費は毎月3.2万(公立)~7.6万円(私立)ぐらい

小学校、中学校は公立でも、高校からは私立という方は非常に多いのではないでしょうか。高校から私立が多いのは、裕福な家庭でなくても子供が高校に通う頃には教育費を貯められているという経済事情が大きく影響します。

【公立中学校の平均教育費】※塾の費用含む

ひと月 3.2万円(1年で38.4万円)

【私立中学校の平均教育費】※塾の費用含む

ひと月 7.6万円(1年で91.2万円)

また、子どもの成績では公立の内申書の成績が足りず、結果的に私立の単願推薦以外はムリだったという事情もあることでしょう。

高校の場合、小学校や中学校ほど公・私立の金銭的な差はありません。公立と私立の教育費差額は私立と公立でおよそ2倍の開きがあります。

5.大学の教育費は4年制で平均380~450万円ぐらい

さて、子どものために用意する最後の教育費は大学です。

最近では、少子化の影響によりバブル時代よりも大学の価値が全体的に落ちています。それでも、やはり大切なわが子に大学には通わせたいと考える親は多いものです。

また、新卒時は何も職歴がない状態なので、大学を出ていないだけで就職活動が出来る業界が絞られるという影響も考えなくてはいけません。

 【私大文系の4年間の平均教育費※入学金と施設設備費と授業料

ひと月 8万円(1年で96.5万円)

【私大理系の4年間の平均教育費】※入学金と施設設備費と授業料

ひと月 10.8万円(1年で130万円)

6.どうやって貯めればいい?

①学資保険はもう意味がない!

子どもの教育費の平均はどれくらい?

よく聞かれるのは、子どもが小さい内に加入する学資保険

タンス貯金や大手メイン銀行では100万円を10年貯めても100万円、または100万2千円にしかなりません。しかし、学資保険では最大115%程度の返戻率(返金される時の金利の率)でお金が増えて戻ります。

しかし、学資保険はあらゆるファイナンシャルプランナーや有名なお金に関する知識サイトでは「買い」ではない商品として紹介されています。何故か?オトクではないからです。

学資保険は子供が18歳や17歳など、ある程度の年齢になるまで決して解約出来ない商品です。解約しないという条件で、保険会社が数%の利益を上乗せしてくれるのです。

しかし、考えてもみてください。 10年以上も何十万円~何百万円のお金を預けるのであれば、楽天銀行やイオン銀行などの高金利銀行の定期預金にする方がよほど増えます。しかも、途中解約が可能です。

または、学資保険を買うくらいならジュニアNISAという少額非課税投資で積立をした方がリスクはありますが利回りはよくなります

②贈与税非課税制度を使い祖父母に援助してもらう

満30歳以下の子どもの教育費目的の場合、1,500万円までの一括贈与は非課税という贈与税の仕組みがあります。

祖父母は両親それぞれの親が元気でいるなら、全部で4名います。4名いるのであれば、そのうち1~2名であれば孫の教育費の援助をしてくれるという申し出もあるかもしれません。

もちろん、祖父母の経済状況や健康状態によっては頼れる状況ではない場合もあります。

③住宅ローンを払い切って教育ローンに申し込む

子どもの教育費の平均はどれくらい?

今から子どもが大きくなるまで、10~15年以上あるのであれば、まずはカーローンや住宅ローンを少しでも返済するよう努力します。

ローンの利子は増えるだけもったいないので、本格的に教育費が必要になるまでに繰り上げ返済をしてしまいましょう。

お子様が一人ではなく複数人いて「どうしても全員を大学に入れる事は難しい」という場合、日本政策金融公庫の教育ローンなどを利用するのも良い方法です。他のローンが完済出来ているのであれば、子どもに多少アルバイトをさせて、教育ローンで教育費を賄うことは出来ます。

④毎月一定額を積立貯金

王道ですが、一番確実にお金を貯める方法が積立貯金です。

お金は手元にあれば、すぐに消えてしまうもの。ご主人の給与口座や奥様のパート代の振り込まれる口座の積立貯金を調べ、給与が振り込まれる翌日には一定額(例、5万円)を定期預金口座に積立てましょう。

子どもが大きくなってからでは遅いのです。子どもが小さなうちからコツコツと、そして出来るだけイオン銀行や楽天銀行(2018年1月)のように金利が高めの銀行を選びましょう。

 まとめ

子どもの教育費は生涯で1,000万円以上かかると言われていますが、一括で払うものではありません。

公立を選択する場合は生活費の中から充分捻出出来る費用ですし、私立を選択する場合はそれまでにまとまった金額を作れるように、計画をたてましょう。

教育費をつくるには、とにかく給与から積立てをすることです。子どもが可愛くても、不要な習い事や衣類、オモチャなどに浪費しすぎないように注意しましょう。