格安SIMで注意したい!LINEの使い方とID検索する方法

格安SIM LINE

月額料金が安くなる格安SIMは通信速度や機能に制限があり、LINEを使う時にも注意しなければならないことがあります。

そこで今回は、格安SIMでLINEを使う方法や、格安SIMで使えなくなってしまうといわれるID検索を行う方法をご紹介します

新しくLINEを始める人も、引継ぎを行う人も是非注意してみてくださいね。

1. 格安SIMのLINEの使い方

乗り換え時は端末に注意!

LINEを既に利用していて格安SIMにデータを引き継ぎたいと思った時は、現在持っている端末にSIMカードを挿入するのか新しく端末を購入する場合かでLINEの始め方が変わってきます。

現在持っていてSIMフリー化した端末に格安SIMを挿入する場合は、LINEの引継ぎ作業などは必要なく、トーク履歴もそのまま残った状態なので気にする必要はありません

しかし、SIMだけでなく新しい端末に乗り換える場合、LINEログインの手続きやバックアップの必要が出てくるようになり、更に格安SIMの契約内容によってはLINEを始めるのが難しい時があります。

乗り換え時は端末に注意

新しい端末にデータを引き継ぐ場合は、以下の点に注意してみてください。

①SMS対応プランを契約する

格安SIMを選択する時、LINEの利用がある時はSMSに対応しているプランを契約することをおすすめします。

LINEの登録またはログインはSMSによる認証が必要であり、SMS対応の格安スマホだと認証が楽に行えるようになります

②Facebook認証を行う

SMS非対応の格安SIMの場合、Facebookから認証を行うことも出来ます

アプリ起動時のログイン画面時に、Facebookからのログインボタンがあるので選択しましょう。

しかし、FacebookのログインはFacebook上の友達が自動でLINEに追加される場合もあるので、自動追加を控えたい人はアプリ連携や自動追加機能は切っておきましょう

③ガラケーなどの2台持ちで認証を行う

ガラケーとの2台持ちで格安SIMを利用している場合は、ガラケーの電話番号でLINEに登録・引継ぎを行いましょう。

ガラケーに認証番号が送られてくるので、その番号を格安SIMから入力することで、SMS機能がなかったり、Facebook認証をしたくない人でもLINEを使うことが出来ます

2台持ちで認証を行う

2.格安SIMではほとんどID検索が不可

ほとんどの格安SIMではID検索機能を利用することが出来ないため、以下のような他の方法で友達追加を行う必要があります。

格安SIMではほとんどID検索が不可

これは、ID検索機能は青少年保護の観点から18歳以上のユーザーのみだけとなっており、現状大手キャリアの契約内容から年齢確認を行っているためです。

①引継ぎ前の端末で年齢確認をする

引継ぎ前の端末が大手キャリア(docomo、au、Softbank)だった場合、引継ぎ前に年齢確認を行うことで格安SIMでもID検索機能を利用することが出来ます。

しかし、これは引継ぎする際に18歳以上であることが必要なので、18歳に満たず格安SIMを利用している人は次の方法を試しましょう。

②PC版からID検索を行う

PC版のLINEには年齢確認がないため、ID検索を行うことが出来ます。

PC版ラインにログインする時は、電話番号ではなくメールアドレスが必要となります。

メールアドレスを入力後、PC版から認証番号が発行され、その番号を端末のラインに入力することでログインすることが出来ます。

PC版LINEはこちらから。

③ふるふる・QRコードを利用する

ID検索が出来なくても、ふるふるQRコードで友達追加を行うことが出来ます。

ふるふる・QRコード

ふるふるは近くの友達しか追加することは出来ませんが、QRコードであればIDと同様に遠く離れた相手と友達になることが出来ます

定期的にQRコードを更新して個人情報の悪用を防止するようにしてくださいね。

④友達自動追加を設定する

端末のアドレス帳に登録された相手となら、友だち自動追加を行うことで自動的に追加されるようになります。

友達自動追加

しかし、自動追加で選んで追加することが出来ないので、LINEを追加したくない人と追加したい人がアドレス帳に混合している場合はおすすめ出来ません。

3.LINEモバイルとY!mobileなら年齢確認が出来る

ほとんどの格安SIMではID検索が利用出来ませんが、LINEモバイルY!mobileに限り年齢確認を行え、ID検索を利用することが出来ます。

LINEのID検索を使いたいという人におすすめの格安SIMとなっています。

LINEモバイル

LINEモバイル

LINE株式会社が運営する「LINEモバイル」は、SNSをよく使う人におすすめの格安SIMです。

主要ソーシャルアプリであるLINE・Twitter・Instagram・Facebookに関しては、いくら利用してもデータ容量が減らないというカウントフリーサービスがあります。

データSIMは月額1,110円~音声通話SIMは月額1,690円~(3GB)とかなりお得です。

格安SIMでは難しいLINEアプリの年齢認証・ID検索も、LINEモバイルなら通常通り利用することが出来ます。

公式サイトはこちら

Y!mobile

Y!mobile

CMなどで大きな知名度を誇り、大手キャリアであるソフトバンクが手掛ける格安SIM「Y!mobile」。

通話やパケット、基本使用料、スマホ本体の料金を含めて1,480円~から利用することが出来ます。

ソフトバンク系の回線を使う格安SIMは少ないため、大手キャリアと同じような通信速度を実現することが出来ます。

格安スマホやSIMだけでなくタブレット・Pocket Wi-Fi・ケータイも取り扱っていて、セット購入の特典もあるので楽に同時持ちをしたい場合にはおすすめです。

公式サイトはこちら

4.まとめ

いかがでしたか?

格安SIMでLINEを始める時、端末を乗り換えない場合は通常に使用出来、乗り換える場合は様々な方法でのログインが必要になるんですね。

しかし、端末にかかわらずほとんどの格安SIMではID検索機能を使うことが出来ないので、ID検索機能に代わる方法を確認しておきましょう。

ID検索機能が使える格安SIMもあるので、LINEの利用を重視する人は参考にしてみてくださいね。