銀行口座を上手に活用すれば賢く貯金ができる?貯金が苦手でも賢く貯めよう!

銀行口座を上手に活用すれば賢く貯金ができる?貯金が苦手でも賢く貯めよう!

これから貯金を始めようとしている方、すでに貯金をしている方、銀行の口座をどのように利用していますか?

銀行口座を上手に活用することで、今までより更に効率的に貯金をすることができます。

今回は銀行口座を活用した貯金方法をご紹介します。

1.銀行口座を整理しよう

現在いくつの銀行口座を持っていますか?

一つの口座で生活費や支払い、貯金をまとめて管理している方は、今月は生活費が足りないから貯金分を生活費にまわそう、などと貯金分のお金を引き落としてしまっていませんか?

一つの口座ですべての家計を管理しているとなかなか貯金ができません。

さらに、いくつかの銀行口座を利用しているが、どの口座にいくら入っているか把握していない、という方もいらっしゃるでしょう。

ご自身の貯金残高を知らずに貯金をすることもなかなか難しいといえるでしょう。ですからまず現在持っている口座の整理をすることをオススメします。

どの口座にいくら入っているのか、使用している口座はいくつあるのか確認しましょう。

2.用途別で口座の使い分けをしよう

さて、銀行口座の整理は終わりましたか?

次に口座の使いわけについてご説明します。

貯金を始める場合、

  • 生活費は生活費専用の口座
  • 毎月の保険料等の支払は支払い専用の口座
  • 貯金は貯金専用の口座

といったように口座を使い分けると良いでしょう。

口座を用途別に使い分けることで生活費を使いすぎて貯金が出来なかった、ということもなくなり、毎月何にどれだけお金を使っているのか明確に知ることができます。

使いすぎを防ぎ、貯金専用の口座に毎月貯金することで計画的な貯金をすることができるでしょう。

①いくつの口座にわければ良い?

生活費と貯金、毎月の支払、光熱費、携帯代などの通信費、一体いくつの口座を使い分ければ良いのでしょう?

必ず2つの口座、3つの口座、などという正解はありません。ご自身がわかりやすく使いやすい方法で使い分けましょう。

②貯金は金利が高い口座へ

貯金に使用する口座は基本的に引き落としをしない口座です。

引き落としをせずにお金が増える口座なので、効率的に利用しましょう。

貯金口座は、金利の高い銀行口座を使用することで将来の貯金額を増やすことができます。

また、振り込みの手数料も大切です。一度の手数料は何百円と少額ですが、毎月何年も続けると意外と大きな金額になります。手数料が無料のも銀行もあるので、貯金専用の口座を選ぶ際は、金利や手数料などの条件を確認して決めましょう。

3.財形貯蓄と銀行自動積立

(1)財形貯蓄

会社勤めをされている方なら一度は聞いたことがあるかと思いますが、財形貯蓄とは一体どのようなものなのでしょうか?

財形貯蓄とは公務員や民間の会社員が毎月もらう給与の中から、毎月の貯金額を自動で天引きして貯蓄してくれる制度です。

天引きで貯蓄されるため手間がかからず税金面で優遇されれたり融資制度があったりと、とても優れた制度です。

しかし、ご自身が勤務している企業が財形貯蓄の制度を導入していなければ利用することができません。財形貯蓄の制度を導入している会社に勤務している場合、継続的な勤務が見込まれる派遣社員、パートやアルバイトの方でも財形貯蓄の制度を利用することができます。

会社役員や自営業者は雇用されているものではないので利用することはできません。

①3つの財形貯蓄

財形貯蓄には3つの種類があります。

  • マイホーム購入を目的とした「財形住宅貯蓄」
  • 老後の資金としての「財形年金貯金」
  • その他教育費などのための「一般財形貯蓄」

です。

では、この3つの財形貯蓄は銀行の預貯金と何が違うのでしょうか?

一般的な銀行預貯金は利息の20%が課税されます。しかし財形住宅貯蓄と財形年金は元の預貯金と合算して全体の預貯金が550万円以下なら20%の税金を支払う必要はありません。

財形貯蓄は銀行や証券会社が行う預貯金や株式投信で積み立てる貯金で、教育費やマイカー購入、結婚式などに使用することができ、貯金の用途に制限はありませんが、普通の銀行預貯金と同じように利息は課税の対象となります。

銀行口座を上手に活用すれば賢く貯金ができる?貯金が苦手でも賢く貯めよう!

②財形住宅融資

住宅・年金・一般の財形貯蓄をおこない、一定の条件を満たしている場合、住宅購入の際に財形住宅融資を受けることができます。

独立行政法人である住宅金融支援機構から「財形住宅融資」、独立行政法人である勤労者退職金共済機構から「財形持家転貸融資」を受けることができ、それぞれ財形貯蓄の3種類のうち種類は問いません。財形住宅融資の内容は下記の図で確認してください。

銀行口座を上手に活用すれば賢く貯金ができる?貯金が苦手でも賢く貯めよう!

財形住宅融資は低い金利で融資を受けることができます。そして中小企業の方や、小さなお子様がいらっしゃる方にはさらに低金利で融資行ってくれる制度もあります。

では住宅融資を受けることが出来るかたの条件とはどのようなものでしょう?

銀行口座を上手に活用すれば賢く貯金ができる?貯金が苦手でも賢く貯めよう!

③財形貯蓄を取り扱う機関

毎月の給与から事業主を通して天引きによる貯蓄を行うため、事業主が契約している金融機関をとおして財形貯蓄を行うことになります。

雇用者の方が個人で金融機関と財形貯蓄の契約を結ぶことはできないので注意しましょう。

また事業主が契約している金融機関や金融商品によって貯金の限度額や金利が違うことがあるので財形貯蓄を始める前に契約内容を確認しておきましょう。

④財形貯蓄で本当に貯金ができるの?

毎月の給与から天引きで貯蓄されるため、毎月決まった金額を貯金することが可能です。

また退職した場合、今まで貯蓄されたお金は残され、解約の手続きを行えば貯蓄した金額を引き落とすことが可能です。

現在、財形貯蓄を契約している会社から転職した場合、新しく働く会社が財形貯蓄の制度を設けている会社であればそのまま継続して貯蓄をすることや他の金融機関に貯蓄先を変更して財形貯蓄を続けることが可能です。

そして財形貯蓄を始めると、一般財形の場合、勤務先が引き落としの受付期間や、預金の引き出しが可能な日などを設定していることがあります。

一般財形貯蓄を始めてから1年間が経過するといつでも解約し引き出すことができますが1年以内の引き出しはできないので注意しましょう。

住宅財形貯蓄や年金財形貯蓄の場合には住宅の購入や老後の生活のため、という明確な目的のために貯蓄をしていますよね。

貯蓄の目的と関係のない利用目的での引き出しを行うと財形貯蓄の契約を全部解約することとなり、解約した日より5年前からの利息に20%課税され、税金を支払わなければなりません。

財形貯蓄は、一定の期間が経過していないときの引き出しや、貯蓄目的以外での引き出しが簡単にできないので、貯金はしやすいと言えるでしょう。

⑤財形貯蓄のデメリットはある?

一般財形貯蓄を始めると契約から1年間は引き出すことが出来ません。

一般財形貯蓄は銀行の普通預金と仕組みはあまり変わらないので、1年間必要なときに引き落とせないとなると不便に感じることがあるでしょう。

また財形貯蓄の金利は決して高くなく、利率0.1%を切ることがほとんどです。

利率0.1%となると非課税枠である550万円貯蓄した場合、年に550円となり決して得とは言えないでしょう。

そして財形貯蓄を行う際に最も注意が必要なことは、金融機関が倒産したときに普通預金に対しての補償をする制度であるペイオフ制度についてです。

一般的にペイオフ制度で補償される金額は最大1000万円までですが、ご自身が利用している普通預金の口座と会社が契約している財形貯蓄の口座が同じ場合のペイオフは、普通預金と財形貯蓄をあわせて最大100万円となってしまうということです。

普通預金の補償額が減ってしまう可能性があるので、会社が財形貯蓄の制度を契約している金融機関を最初に確認しておきましょう。

(2)銀行自動積み立て

財形貯蓄は会社に勤務していて、財政貯蓄を導入している会社に勤務している方しか利用できません。銀行の自動積立は自営業等で会社に勤務していない方でも申し込みをすることが可能です。

最もオススメなのは会社を通した財政貯蓄と自動積立を両方行うことです。

では銀行の自動積立とはどのようなものでしょう?

①銀行積み立ての申込み

窓口や郵送、ネット等で銀行の自動積立を申し込むことができます。申込書は銀行の窓口だけでなくATMにおいてあることもあります。一度申込を行えば、毎月普通預金の口座から定期預金の口座へ自動で振替をしてくれます。

②銀行の自動積立、振替日や金額の設定はどのようにすれば良い?

自動積立はご自身で銀行にあしを運ぶことなく自動で普通預金から定期預金の口座へ振替を行ってくれます。

ですから何をしなくても自動で貯金をすることができるのです。

しかし、普通預金の口座に残高が無ければ定期預金への振替は行えません。

定期的に確実に貯金を行うために、毎月の給与振込口座で申込み、毎月の振替日を給与振込日のすぐあとに設定しましょう。

多くの銀行では自動積立の1回あたりの金額は1万円以上に設定しなければなりません。

可能であれば1万5千円以上に設定することで早くお金をためることができます。また自動積立ではボーナス月に積立金額を増やすことができます。ボーナス月には積立金額を3倍にするなどして貯金を増やしましょう。

銀行口座を上手に活用すれば賢く貯金ができる?貯金が苦手でも賢く貯めよう!

まとめ

銀行を上手に活用して計画的な貯金をしましょう。口座の使い分けをすることや、会社が契約している財形貯蓄を積極的に利用してご自身に合った貯金術を見つけてください。貯金の目標を設定し毎月無理のない範囲での貯金を無理せずおこなうことが大切です。