5つのオススメの貯金方法!お金が貯められない方のための教科書

5つのオススメの貯金方法!お金が貯められない方のための教科書

貯金をしたいけれど毎月気が付いたら収入のほとんどを使ってしまっていて貯金ができない、そんな悩みを抱えていませんか?

そもそも収入が少なく貯金なんてできないとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、収入が多い少ないに関わらず、貯金ができる人は出来るのです。

貯金ができる方法があれば知りたいですよね?

今回は貯金をする方法と考え方についてご説明しています。改善できる点や参考になる点があれば、ぜひご活用ください。

1.貯金が出来ない理由とは?

まず、貯金ができない理由とはなんでしょうか。貯金ができずお金がたまらない人にはいくつか共通した特徴があります。貯金ができない人の共通の特徴をいくつかみていきましょう。

(1)貯金額の目標金額を設定していない

どんなことにも共通して言えることですが、達成したい目標を決めておかなければ行動する意味がわかなくなってしまいます。

貯金も同じで、1年後に100万円を結婚資金としてためる!といったように明確な目標がなければ実行することは難しいでしょう。

そしてその目標設定は高すぎると達成できません。計画性があり貯金が可能である目標でなければ夢の話になってしまいますよね。

ですから目標設定は低すぎず高すぎない、計画性のあるものである必要があります。まず1年後の貯金額の目標を設定することから始めましょう。

【豆知識】

事業を始めるために、金融機関からお金を借りたい!とお考えの方も多くいらっしゃると思います。金融機関からお金を借りやすくするためには、毎月少しずつでも貯金していること通帳に記録することが大切です。将来的に、金融機関からの借入を検討している方は、毎月通帳残高を増加させていく計画を立てることをオススメします。

 

(2)毎月の支払い・返済額を知らない

毎月何にどれくらいお金を支払っているか把握していますか?一人暮らしである場合には家賃や光熱費、保険料や携帯代など何にどれくらい支払いをおこなっているか把握していなければお金の管理ができずに貯金することができません。

その他にもクレジットカードの支払額もありますね。

現金と違い、目に見えてお金が減るわけではないので、ネットショッピングなどでいつの間にかたくさん買い物をしてしまったり、小さな金額の買い物であっても便利なカード払いにしてしまったり、多くの場面でクレジットカードを使用すると思います。

後日引き落とされるクレジットカードの支払額を把握しておかなければ貯金する予定だったお金が口座にない!などということになるかもしれません。

そして、借入がある方は毎月の返済もあります。ご自身の借入額や毎月の返済額を把握していますか?

借金を全額返済するまでにどれくらいかかるかも知っておく必要があるでしょう。毎月の返済額が大きいのであれば貯金は難しいでしょう。このように毎月の支払額や返済額を知らずに生活していると把握していない支出が増えることになり、貯金するお金が残っていないということになってしまうかもしれません。ですから家計簿をつけるなどして毎月の収入と支出を把握しておきましょう。

(3)毎月残ったお金を貯金しようと考えている

毎月の収入を引き落としながら生活をし、余ったお金を貯金しよう!と考えているかたは貯金に向いていません。

いつのまにか貯金するはずだったお金を使ってしまっていませんか?貯金ができる人は先に毎月の貯金額を貯金し、残ったお金で生活している方が多いでしょう。このようにお給料が振り込まれてまず貯金する、「積立貯金」をすることから始めることをオススメします。

(4)欲しいものをすぐ購入する

店頭やネットでみつけた欲しいものを衝動買いしていませんか?

購入しようとしているものは本当に必要ですか?

衝動買いをしてしまう人は欲しいものと必要なものの区別ができていません。また衝動買いしてしまう点からもわかるように計画性もないのです。

欲しいものを計画性もなく購入してしまうことで最悪の場合借金が増え、貯金どころではなくなってしまうかもしれません。まず欲しいものを見つけた場合には、あなたに本当に必要なものか考えましょう。

そして、しばらく購入することをやめて生活してみてください。購入しようとしている商品が無くても生活できるようであれば、その商品はあなたにとって必要がない可能性が高いです。衝動買いをやめることで今まで浪費していた金額を貯金することができるでしょう。

(5)リボ払い・分割払いについて理解していない

クレジットカードの支払いにはリボ払いと分割払いが存在します。

よく聞くこの二つの支払い方法ですが、きちんと違いを知っていますか?

リボ払いは支払い残高を毎月一定金額支払う方法です。毎月一定金額であるためお金の管理はやりやすいですが、計画的に利用しなければ利子を含めた全体の支払金額が高額になる可能性があります。

これに対して分割払いは、支払いの分割の回数を指定することができます。ですから支払う回数を把握することができますが、他の出費がかさむと毎月の支払額が増えてしまいます。

クレジットカードの支払方法が計画的でなければ貯金することは難しいでしょう。クレジットカードで支払いをするときにリボ払いにするのか分割払いにするのか、ご自身に合った支払い方法を選択するべきです。

※リボ払いを利用する際の注意点

リボ払いは、毎月一定額を支払うだけなので、総額いくら未払金があるかを忘れてしまうことが多いです。いくら未払金があるかわからない状態でリボ払いを使い続けていると、気づいたら未払金が100万円以上あった!というケースもありますので、リボ払いを利用する方は、未払い分がいくらあるのかを定期的にチェックするようにしてください。

(6)整理整頓ができない

部屋が汚く掃除が苦手な方や、会社のデスクが散らかっていて整理整頓ができていない方は貯金できない方多いです。

どこになにがあるかわからない、いつ使ったかわからない、という方はお金に関しても同じことが言えるでしょう。お金にも整理整頓が必要なのです。まず部屋や身の回りを掃除しましょう。そして整理整頓をおこない、どこに何があるか把握できるようにすることで、自然とお金の整理整頓もできるようになるでしょう。

2.主な貯金方法

貯金ができない人の特徴を6つご紹介しましたが、具体的に上手な貯金にはどのような方法があるのでしょう?

(1)借金がある場合

借金がある方は借金を返済することから始めましょう。貯金することだけに気をとられてしまい借金の返済がおろそかにしてしまうことがあれば本末転倒ですよね。現在借金がある方は、残りの返済額と返済が完了する時期を確認し、計画的に返済しましょう。

(2)自然と貯金するための方法

貯金を始めるときに、多くの方は節約して浮いたお金を貯金しようと考えるでしょう。毎日の生活の細かい部分で節約をすることも大切ですが、努力ではなく見直しを行うことで自然と貯金できる方法があります。

それは固定費の見直しです。毎月の保険料や住宅ローン、家賃などの大きな部分を占める支払額を見直しましょう。

まずこれらの固定費の1ヶ月の支払額を把握しましょう。プランの見直し等を行うことで今よりも支払額を少なくすることができるかもしれません。見直しを行い支払額が減ることによって浮いたお金を貯金することができますね。

(3)先取り貯蓄

毎月振り込まれる給与をどのように使っていますか?

給与から生活費をおろしながら使い、残った金額を貯金しようとしているかもしれませんが、口座にお金あればあるだけ使ってしまい、結局貯金するお金は残っていないという経験はありませんか?積立預金を利用することによって給与の振り込みが行われると、給与の中から貯金額を指定の口座に移しておいてくれます。積立預金はコンビニのATMなどで気軽に引き落とすことが出来ません。積立預金をすることで、貯金額を引いて残った給与の中から予算を決めて生活することになり、計画的に貯金することができます。

(4)口座の使い分け

銀行口座をいくつか上手に使い分けることで計画的にお金を使い貯金していく方法です。

口座はいくつあれば良いのでしょう?口座の数はご自身が把握できて振り分けやすい数であればいくつでも構いません。

家計の管理のために口座ごとに名目を決め、上手に整理整頓しましょう。毎月のお金の流れや量を知っておくことで計画的なお金の使いかたができるので貯金がしやすくなるでしょう。

>>銀行口座の上手な活用方法については、こちらをご参照ください!

(5)節約による貯金

日々の生活において節約できる部分を節約していきましょう。

①通信費

毎月必ず支払っているであろう携帯電話やインターネットの通信費。

意外と高い料金を支払っていませんか?一度プランの見直しをすることで通信料が安くなる可能性があります。

②食費の節約

まず大前提として外食は控えましょう。

また、コンビニで飲み物や弁当を買うのも控えましょう。自炊をし、弁当と水筒を持ち歩くことで食費を大きく節約することができます。

基本的には自炊をして、一週間の食費を設定しその中から食材の購入をしましょう。一週間分まとめて購入しておくと効率的です。

③お金のかからない休日をすごす

休日は趣味に明け暮れ、気付いたら出費がかさんでいることはありませんか?

また日ごろのストレスを発散するためにお金をたくさん使いがちです。そんな休日にこそ注意が必要です。楽しく、お金をできるだけ使わない趣味を探してみてはいかがでしょうか?

④クレジットカードのポイントを利用

クレジットカードを節約のために上手に使いましょう。クレジットカードのポイントで買い物ができます。ですから公共料金などの支払をクレジットカードで行いポイントをためることは節約につながります。

3.まとめ

貯金が出来ない人の特徴やオススメの貯金方法をご紹介しました。

貯金ができずに困っているかたは改善点を見つけることができたでしょうか?また自分にあった貯金方法がわからずにいた方も、ベストな貯金方法を見つけることはできましたか?

収入の多い少ないに関わらず、身の丈に合った生活をおくることで毎月きちんと貯金することができるのです。きちんと目標をたて、無理せず計画的に貯金しましょう。