ネットで稼ぐなら家賃の高い東京にいなくてもいい~都心以外で稼ぐ

ネットで稼ぐなら家賃の高い東京にいなくてもいい~都心以外で稼ぐ

今はネットで気軽に稼げる時代です。もちろん、ネットで稼ぐにもそれなりの知識や労力は必要です。しかし、「どの仕事でもうまくいかない」「会社員では自分を活かせない」といった会社員でいることが苦手な方もいますよね。また、「気が付くとネットサーフィンをしている」「ブログ記事を書くのが楽しい」といったネット環境が居心地の良いあなたには、ネットで稼ぐことは自分の長所を生かす働き方なのではないでしょうか。

今回の記事では、ネットで稼ぐことで主に生計をたてるヒントについてご説明します。東京に一人暮らしをしている方は、家賃の低い地域に引っ越す方法もご紹介しますので是非最後までご覧ください。 

1.ネットの普及で働き方が変わっている

ネットで稼ぐなら家賃の高い東京にいなくてもいい~都心以外で稼ぐ

インターネットがもう特別なものではなく、既に人間の生活になくてはならないメインツールになっています。例えば、新聞や雑誌。新聞や雑誌の発行部数が減っているのに対し、kindleなどの電子書籍用のタブレットやスマホで閲覧する人は増えています。また、電気・水・ガスといった光熱費の明細もWebからの閲覧が推奨されており、ネットのない世界が考えられない時代に突入しています。

ネットの普及は、働き方も変えています。iPhoneでご存じのAppleが「在宅勤務アドバイザー」を募集しているのも、その一例です。Apple製品に誰よりも詳しく、どんな不具合でも情熱を持って即座に対応できる人。そんな人がAppleストアに通勤できる場所に住んでいるとは限りません。しかし、在宅ワークであればどんな場所に住む方でもネット環境さえあれば応募可能なのです。

 採用情報|あなたの情熱を仕事に。

厚生労働省も「テレワーク相談センター」という相談窓口の設置を皮切りに在宅勤務やモバイルワークを推進しています。

 テレワーク相談センター

2.ネット回線とスマホがあればOK

さて、ネットを使い在宅勤務で稼ぐには、最低限以下のものは必要です。

・Wi Fi環境

WiFiとは、ケーブルなしでインターネットができる無線の電波を使う方式です。WiFiという言葉が本格的に使われ出したのは2010年あたりからで、比較的最近の方式です。WiFi環境を作るには、いくつか方法があります。

①【安定感バツグン】無線LANルーターでつなぐ

最初にFLET’S光(NTT)やauひかり(KDDI)などのブロードバンド回線に申し込み、そこから無線LANのルーターを使ってWiFi環境を作るという昔からある方法です。

ネットで稼ぐなら家賃の高い東京にいなくてもいい~都心以外で稼ぐ

無線LANルーターは契約する通信会社により無料でもらえる場合と月額300円程度でレンタルしてくれる場合、そしてユーザー自身で用意する場合と3パターンあります。

月額料金は、昔はひと月5千円~6千円しましたが今はもっと安くなりました。回線の種類(ADSL、光など)と家の種類(戸建て、マンション)により異なりますが、平均すると2千円~3千円です。携帯と同じで、2年縛りの契約や各種キャンペーンでもっと安くすることも可能です。インターネットの電波状況が最も安定する方法です。

②【お手軽で使いやすい】モバイルルーターを使う

UQモバイルなどのモバイルデータ通信サービスからモバイルルーターを借りる方法もあります。電車内での交通広告やCM、ヨドバシカメラなどの電気店のキャンペーンで見かける方も多いのでは?モバイルルーターは、ちょうど手の平におさまるポケットサイズで家の中はもちろん、外出先でもいつでもWiFi環境が作れるので重宝します。また、面倒な設定が少ないのもメリットです。契約時にもらう書類に記載されているSSIDというIDとパスワードを入力すれば完了です。

ネットで稼ぐなら家賃の高い東京にいなくてもいい~都心以外で稼ぐ

 

しかし、デメリットもあります。ネットで生活費を稼ぐのであればPCも使いますよね。モバイルルーターは前出の①の方法よりは回線速度が遅くなります。月額料金は各種キャンペーンを使えば千円~2千円程度とブロードバンドより少し安くできます。2年以内に解約すると違約金がある場合が多く、最近の傾向としては初年度の料金を安くして2年目以降は3800円などの標準料金になるというパターンが多いです。

③【カフェでの仕事で使える】公衆無線LANスポット

ネットで稼ぐなら家賃の高い東京にいなくてもいい~都心以外で稼ぐ

公衆無線LANスポットの種類はいくつかあります。まずは、東京メトロやマクドナルドなどの企業が提供している場合。次に、ソフトバンやNTTなどの大手通信会社(キャリア)が提供している場合。その他にも、FREESPOTなどの公衆無線LANスポットサービスが提供している場合があります。

インターネット料金を月額コミコミ(いくら使っても料金は同じ)で使っている人は、正直あまり使うメリットはありません。公衆無線LANは不特定多数の人が使うものですので、きちんと契約した回線よりもセキュリティが安全ではないからです。しかし、y!mobileや楽天モバイルといった格安simで2GBや3GBなど少なめの容量契約にして節約している人にはおすすめです。カフェでの作業を無料の公衆無線LANスポットを使えば、その分ネット代の節約になりますし、気分転換にもなりますよね。

以上、WiFi環境の作り方(申し込み方)を簡単にご説明させていただきました。ネットで稼ぐにはネット環境が大切ですので、少し長めにご説明しました。他にもテザリングでWiFi環境が作れますが、データのやりとりでは負荷がかかり回線が遅くなるのでネットで稼ぐには不向きです。その他には、以下のものを用意します。

・PC

・スマホまたはタブレット

・イヤホン

3.代表的なネットで稼ぐ方法

ネットで稼ぐなら家賃の高い東京にいなくてもいい~都心以外で稼ぐ

では、ここからは実際に会社に通う会社員という方法ではなく、ネットをメインで生活費を稼ぐ方法をいくつかご紹介します。

①【近頃気になる】クラウドソーシング

最近、この言葉が流行っていますが一体どういう意味なのでしょうか?クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事の受発注です。「クラウド」という言葉も少し前に流行りましたが、クラウドは英語にすると「雲」でインターネットを意味しています。ソーシングの「ソース」は人材です。よく会社でも「リソースが足りなくてさ」とカッコつけて言う人がいますが、あれは人材不足のことです。

クラウドソーシングでどう稼ぐのか?まずは、ネットでできる仕事を探さなくてはいけません。クラウドソーシングの仕事は、以下のサイトで見つけられます。

(1)@SOHO

まずご紹介したいのは@SOHO(あっとそーほー)。こちらのサイトでは、テープおこし、記事のライティング、画像作成など自宅でできるお仕事情報が満載です。仕事をしたいのであれば、まずはサイトのトップページから新規会員登録(無料)をします。

ちなみに@SOHOというサイト名についてですが、5年ほど前はクラウドソーシングの代わりにSOHO(スモールオフィス・ホームオフィスの略)という言葉が流行っていました。

@SOHO

仕事をすることでもらえるお給料ですが、簡単なものほど安い、難しいものほど高い、が大前提です。筆者はオンライン英会話スクールサイトの運営者でしたが、@SOHOでTOEICの問題作成やリスニングテスト用の音源などを発注しました。1件500円などの少額ですので、ある程度の件数をこなさないとお小遣いにもなりません。自分の得意分野を生かして仕事を探すのが一番ですが、「そもそも得意なものがない!」という方でも好きな仕事を探してください。今は、Googleで検索すればPhotoshopの使い方やHTMLコーディングの仕方まで様々な記事を見つける事ができます。時間のある時に、好きなことを独学で勉強するのもネットで生活費を稼ぐには必要です。

(2)クラウドワークス

クラウドワークスは、日本最大級のオンライン仕事マッチングサイトです。@SOHOと異なる点は、プロ向けと経験不問の仕事が分かれているので探しやすいところ。また、サイト自体も明るく見やすいのが特徴です。

 クラウドワークス

クラウドワークスでは、アプリ開発やホームページ制作、ハードウェア設計などのWeb系の仕事が多数見つかります。経験のない方でも「初心者歓迎」と書かれているものであれば応募も可能です。

②【ラクして稼ぎたい?!】アフィリエイト

ネットで稼ぐなら家賃の高い東京にいなくてもいい~都心以外で稼ぐ

アフィリエイトもよく聞く言葉ですよね。アフィリエイトは、例えばあなたがブログを作っていてそこに広告を貼り付けたとして、その広告がクリックされるとあなたに報酬が入るという仕組みです。

アフィリエイトをしたいのであれば、まずは広告を貼るためのサイトを作らなくてはいけません。「そんなサイト作れない」と諦める必要はありません。Amebaブログやフェイスブックだってアフィリエイトはできるのです。次にするべきことは、広告主を探すこと。どこで探すかというと、よく使われているのはGoogleアドセンス、アフィリエイトA8net、FC2アフィリエイトなどです。

Google AdSense

アフィリエイトA8net

FC2アフィリエイト

この中でとっつきやすいのは、A8netやFC2です。Googleアドセンスはサイトの審査がありますが、後者の2つはサイト内で無料会員登録をしてブログを作るだけでアフィリエイトを始められます。また、初心者にわかりやすい作りになっているので気軽にすぐ始められます。

アフィリエイトで稼ぐためには、まずは日々記事を投稿すること。記事数の少ないブログは閲覧される可能性も低いため、アフィリエイトでの報酬も得られません。ブログを書いている人は日本中に多数います。他のブログより自分のブログを見てもらうには、自分の得意分野の記事(ex.ワインについてなら誰にも負けない!など)を作るのが一番です。最近のブログタイトルの傾向としては、「現役東大生の〇〇のためのブログ」や「税理士が教える~」などの、職業名を使ったブログタイトルです。もしあなたが過去にディズニーランドでバイトしていたなら、「元ディズニースタッフが贈る~」でもいいですね。とにかく何か特徴を入れた方がブログは見られやすくなります。

また、ブログの構成を調整するのにhtmlの知識も少しある方がよいでしょう。

③【動画をよく見る人は】YouTube/ニコニコ動画

あなたが面白い動画を作れるなら、または興味があるなら、動画で稼ぐという手もあります。YouTubeで稼ぐ人はユーチューバー(YouTuber)と言われていますが。有名YouTuber:ヒカキンのように億万長者になれるかもしれない!と思わせる夢のある仕事ですよね。

動画の場合もブログ同様、とにかく人に見られる=アクセス数が大切です。あなたが犬を飼っているなら犬の動画でもいいでしょう。定期的にアップしてアクセス数が伸びいけば、広告を貼る事で収入を得られます。広告の種類には、「インストリーム動画広告」という流れる動画の前に差し込まれる広告と、動画の画面の下や横にバナーという画像が表示される「インバナー広告」などいくつか種類があります。

YouTube

ニコニコ動画

YouTubeで稼ぎたいなら、まずはGoogleアカウント(無料)を作りましょう。YouTubeサイトのトップページの左側(PC画面)の「設定」からアカウント情報へ飛ぶと、「チャンネルを作成する」という青い文字があり、それをクリックするとあなたのチャンネルとYouTube IDが作られます。アニメ系が好きな方には、ニコニコ動画の登録をお勧めしますが、圧倒的にユーザー(利用する人)が多いのはYouTubeの方です。

④【売りたいものがあるなら】ECサイト

ECサイトとはインターネット上の通販サイトのことです。前述したブログ、YouTubeなどで稼ぐ場合とは違い、ECサイトで商品が売れると直接あなたの収入になります。(経費を除く)ですので、より高収入を狙えますがその分「商品の仕入れ」「ユーザーとのやりとり」や「商品の発送」まで、やるべき仕事は多くなります。

ECサイトを運営するには、①全て自分で作る②ホームページ制作会社に依頼する③楽天市場などのショッピングサイトでお店を開く④ブログで商品を見せてメールや電話で商品の注文を受ける、といったいくつかの方法があります。

おすすめは、楽天市場で出店することです。楽天会員数は日本国内外をあわせ9000万人以上を誇ります。もちろん、出店料や手数料はかかりますが、初めてのECサイト運営の場合は始めやすいのでオススメです。

楽天市場への出店・開業案内 トップ > プラン・費用

⑤【細かく稼ぐ】転売

最後にご紹介するのは、転売(せどり)です。転売の基本は、「安く買って(少し)高く売る」です。ヤフオクを使って転売している人も多いですね。海外旅行や英語が趣味の方は、英語力を駆使して海外で人気の商品(コスメなど)を仕入れて売ると、楽しいですよ。ブログと同じで、自分が好きな物については詳しいので、自分の得意分野の商品を売るのが一番です。

転売をするには、どの商品が売れるかというセレクト・センスと、最低限の会計の知識が必要です。他の方法と同様、売上があがれば確定申告する必要があります。

4.家賃の高い東京から離れて、ネットだけで生活費を稼ぐ

ネットで稼ぐなら家賃の高い東京にいなくてもいい~都心以外で稼ぐ

ネットで生活費を稼ぐなら、軌道に乗るまでは家賃を払うのも大変でしょう。そのため、実家暮らしができるなら実家で仕事をするのが一番です。または、友達と部屋をシェアするのもいいですね。

一人暮らし希望だけど、月に5~7万円の家賃を払うと手元にほとんど残らない」こんな人もいることでしょう。ネットで稼ぐといっても、いきなり月に何十万も稼げません。生活費が気になるのであれば、思いきって家賃の安い地方に部屋を借りて稼ぐという方法もあります。または、会社員をしながら副業でネットビジネスを始め、軌道に乗ったら本業にするという方法もありますね。

筆者の場合、10年ほど前に京都の四条に住んでいました。京都の四条は都会です。しかし、家賃5万円で市場のルイ・ヴィトンまで徒歩5分の部屋を借りていました。東京では、ルイ・ヴィトンまで徒歩5分の部屋は15万円払っても無理でしょう。今貯金が手元に数十万円ある、仕事はやめている状態、まだ若い、こんな方は思い切って東京以外で部屋を借りてネットで生きていく生活に挑戦するのもよいでしょう。勉強することも多々あり、収入の不安定さというデメリットもありますが、その分自由な時間も手に入ります。

まとめ

ネットで稼ぐ方法を簡単にいくつかご紹介しました。文章を書くのが好きな人は記事作成、画像作成ができるなら画像作成、など、最低限の得意分野を作ることで、人とのしがらみから離れて自由に暮らすことが可能です。

本格的にネットでお店を出すのなら、日本政策金融公庫でお金を借りる(=融資を受ける)という方法もありますよ。