なぜ副業禁止の会社が多いの?副業禁止の理由を調査

なぜ副業禁止の会社が多いの?副業禁止の理由を調査

今より収入を増やすために副業したいという人も多いようです。

しかし、「会社で副業が禁止されているから」という理由で諦めるケースも珍しくありません。そもそも、なぜ副業を禁止する会社が多いのでしょうか。そこで今回は、副業禁止の理由を調査してみました。

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.副業の禁止は法律で認められている?

会社が就業規則や口頭で社員の副業を全面的に禁止することは法律で認められません。

社員は会社との雇用契約によって定められた勤務時間が就業規則の適用範囲です。就業規則に退勤したあとのことは書かれていないはず。では、副業はどうでしょうか。

もちろん仕事中に副業するのはNGですが、退勤後であれば原則的に副業は許されるというのは法的な観点で考える見解になります。もっと言えば、民法にも労働基準法にも2つ以上の会社と雇用契約を結んだり、会社員と自営業を兼業することを禁止するような制約は書かれていません。

したがって副業の禁止は、勤務先の就業規則による拘束であり、社員のプライベートに会社が介入し、無制限に副業を禁止することは法律で認められてはいないのです。

なぜ副業禁止の会社が多いの?副業禁止の理由を調査

2.まずは勤め先の就業規則を確認する

現在お勤めされている会社の就業規則には、副業に関する項目が定められているはずです。

もし記載されていなければ、副業しても問題ない可能性が高いです。副業に関する項目には「全面禁止」「許可制」「自由(規定なし)」など定められていますが、「副業に関して特に決まりはない」「自由に行ってよい」と書かれている場合もあります。

問題は、全面禁止や許可制になっている場合です。

先ほども言ったように、副業の全面禁止は法的には認められていないので、いずれにしても「許可制」という解釈になります。

なお、裁判所は就業規則で副業を許可制にすることは認めています。

過去の裁判例では、会社に実害がないにもかかわらず副業を許可しなかった場合を違法と判断しており、許可制ならOKと認めました。なぜ全面禁止はダメで許可制がOKかというと、企業や職種によっては社員が副業したことによって会社に損害が生じる場合もあるからです。

情報や技術の漏洩、企業イメージのダウンなど理由は様々ですが、「就業規則で許可制になっている場合は会社に届け出てから副業する」というのが正解と言えそうです。

なぜ副業禁止の会社が多いの?副業禁止の理由を調査

3.会社が副業を禁止する理由

  • 副業によって遅刻や欠勤が多くなるのを避けたい

副業で本業が疎かになるくらいなら禁止したほうがいい、という考え。

  • 事故や業務ミスを防ぎたい

病院や美容院など人の体に触れる仕事や工場や建設業など危険が伴う作業場、ち密な処理が必要な仕事などWワークの疲労でトラブルを起こしたくないという考え。

  • 情報や技術を漏洩したくない

似たような業種で副業すると、自社のノウハウが漏洩してしまう可能性がある、という考え。

  • 企業のイメージを下げたくない

副業によって逮捕されたりナイトワークで副業したり、大企業になるほど会社のイメージを大切にします。問題が起こるくらいなら、そもそも副業を許可しないという考え。

常時10人以上の従業員を雇用する会社は、労働基準監督署へ就業規則届を提出しなければなりません。就業規則は会社のルールを明確にするのもですが、「社員に守ってもらいたいルール」を会社が提示するためでもあります。そのルールの一つとして、副業に関する項目があるわけです。副業の全面禁止は違法ですが、許可制なら違法にはならないということを覚えておきましょう。

おそらく、就業規則に「副業を禁止する」と書かれているケースは少ないと思います。副業を禁止する項目では許可制になっているはずなので、どうしても副業したい場合は上司に確認したほうが無難かもしれませんね。

4.副業がバレたらクビになる?

その社員が副業したことによって会社に損害が出ていないのに、「副業したから」という理由だけで解雇するのは不当解雇になる可能性が高いです。

つまり、副業したことで会社に損害を与えた場合は解雇されても仕方ありません。たとえ副業が自由な会社でも、解雇されても文句は言えませんね。

昼間はOL、夜はキャバクラやスナックでアルバイトをしている女性もいますが、バレる・バレないではなく、会社に損害を与えないかを考えたうえでWワークしたほうがいいですね。

女性に限らず男性も同じです。競合他社で副業したり、Wワークによって本業でミスやトラブルを起こしたりしたら厄介なことになります。

つまり、会社員が副業するときは責任が伴います。起業の規模が大きくなるほど、その重要度は高くなるでしょう。副業を検討している人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。